ミス38位は井上遥妃選手!初々しい白ボディコンと恒例の“岩崎工務店”芸で大盛況となったレディースオールスター開会式をどこよりも詳しく紹介!!

2024年5月7日、宮島競艇場で開催される「G2・第9回 レディースオールスター」のオープニングセレモニーが開催され、恒例の“ミス38位”として井上遥妃選手が初々しいボディコン姿で会場を沸かせました。

2024年5月7日、7年ぶりに宮島競艇場で「第9回 レディースオールスター」が開幕し、オープニングセレモニーが行われました。

開門の8時40分前から入場口には着席シートの整理券を求めて長蛇の列ができ、イベントホールは投票した出場選手の姿を一目見ようと集まった多くのファンで賑わって大入り満員!

パンチのきいた岩崎社長率いる『岩崎工務店』が前面占拠ではじまった「第9回 レディースオールスター」。
これからはじまる、水上での女王決定戦でどのような物語が紡がれるのか、目が離せませんね。

ここでは、大盛況で幕を閉じたオープニングセレモニーについて、どこよりも詳しくご紹介します。
すでにご覧になった方、見逃してしまった方、そして気になっているけれどまだ見ていない方まで、ぜひ最後までご覧ください。

目次

オープニングセレモニーの様子

オープニングセレモニーを盛り上げたのは、イベント企画会社顔負けの演出を見せた、岩崎 芳美選手率いる徳島支部の面々。

恒例の“岩崎工務店”芸で会場を笑いの渦に巻き込むと、平高 奈菜選手率いる“平高興業”は業績不振の謝罪会見?という展開で大いに盛り上がりました。

特に注目が集まったのが、大会恒例の“ミス38位”として登場した井上 遥妃選手
緊張の初々しいボディコン姿で、はにかむ可愛い仕草と笑顔を披露して、多くの男性のハートと話題を鷲掴み。

人気女子レーサー達が思い思いの装いで、時に笑いを提供しながら、投票してくれたファンに感謝を述べると、会場のボルテージは最高潮に!

そして最後は、得票数1位の守屋 美穂選手が心を込めたハートフルなスピーチでセレモニーを締め括りました。

さらにコスプレ部門では、岡山支部の仲良し4人組、安井瑞紀選手勝浦真帆選手薮内瑞希選手土屋南選手がキュートなフルーツコスプレ姿で登場するも、やはり徳島勢のインパクトには敵わず。

『岩崎工務店』の前面占拠で、インパクトが強すぎるオープニングセレモニーとなりました。

  • 【選手紹介】「GⅡ第9回レディースオールスター」オープニングセレモニー【公式】
出典:ボートレース宮島チャンネル【公式】

岩崎工務店(徳島支部)のメンバー

第38位:井上 遥妃選手【白ボディコンのミス38位・事務員 兼 セクシー担当】

得票数2,345票を獲得して、38位での選出となったのは、井上 遥妃選手です。
ミス38位恒例の“白いボディコン”に“今日のヒロイン”のたすき掛けで、喜多須 杏奈選手の言葉どおり、可愛く登場しました。
『おはようございます。今回もたくさんご投票してくださり、ありがとうございました。舟券に1つでも絡んで勝てるようにように頑張ります。よろしくお願いします。』と終始緊張した様子でしたが、それが初々しくてとても可愛かったです。

第32位:岩崎 芳美選手【すべり芸の岩崎社長】

得票数2,493票を獲得して、32位での選出となったのは、岩崎 芳美選手です。
腰に手を当てて、腰を伸ばすような準備体操風のアクションからの登場。
通常どおりの、作業服にピンクのタオルを首からかけて、“安全”と書かれたヘルメットにパンチパーマとサングラス、額には“パンチ(怒りマーク)”と書かれたテープを貼った、レディースオールスター名物・岩崎工務店社長姿での登場。
『安心・安全・丁寧の岩崎工務店です。セクシー秘書の(喜多須)杏奈と、ボディコン(井上)遥妃に只今絶賛メロメロ中~!えーと、ここで優勝してバブリシャチョ(社長)さん、シャチョ(社長)さんとチヤホヤしてもらえるように、一生懸命、お仕事させていただきます。敬礼!』と、爆笑のパフォーマンスで会場を一気に盛り上げてくれました。

第51位:喜多須 杏奈選手【セクシー秘書】

推薦・得票数1,590票を獲得して、51位での選出となったのは、喜多須 杏奈選手です。
ロングのゆるふわヘアーを左肩から流すセクシーなスーツ姿に眼鏡をかけて、マル秘と書かれたファイル風段ボールを片手に登場。
『本日の(岩崎)工務店グループのスケジュールを発表します。(得票順)32位の岩崎社長は、いつものようにすべり芸の予定です。事務員の(井上)遥妃は、この度、めでたく“ミス38位”としてかわいく登場予定です。(西岡)育未は、新しく独立した育未設計コンサルタントの新ユニホームをお披露目予定です。業績不振の平高興業は謝罪会見の予定です。このグループ会社を今後まとめ上げていけるのは、この私しかいません。これからもよろしくお願いします。』と読み上げるパフォーマンス。
最後には、詰めかけたファンに対して軽く会釈をし、髪をかき上げるセクシーパフォーマンスで立派に秘書役を勤めあげました。

第19位:西岡 育未選手【育未設計コンサルタント】

得票数4,251票を獲得して、19位での選出となったのは、西岡 育未選手です。
岩崎社長と同じく、作業服にヘルメット姿ですが、全身オレンジ色でヘルメットには“育”の一文字
そしてサングラスはハート形で可愛い新ユニホームのお披露目となりました。
『この度、妹(西岡 成美選手)の会社を買収し、新たに独立した、育未建設コンサルタントです、設計のことならミーにお任せあれ!』と言った直後の決めポーズにいくみんファンは悶絶したことでしょう。

平川興業社長

第8位:平高 奈菜選手【業績不振の謝罪会見?平川興業の社長】

得票数9,683票を獲得して、8位での選出となったのは、平高 奈菜選手です。
事前の告知どおり、謝罪会見風のネイビーのスーツに眼鏡という装いで、深々とお辞儀をして、岩崎社長にもしっかりとお詫びの(?)お辞儀をしてから登場。
さらにはマイクの前に立つと、各方向に3度深々とお辞儀をしたかと思うと、去り際に一言だけ『ごめんね、ごめんね~』と満面の笑みで発する衝撃のパフォーマンスを披露しました。
ほとんどの時間をお辞儀にあて、速攻去っていくこのパフォーマンスには、会場だけでなく出場選手も大爆笑!
さすがの役者ぶりを見せつけてくれました!

岡山フルーツ農園

第44位:勝浦 真帆選手【フルーツコスプレ(岡山県名産 姫とうがらし)】

得票数2,000票を獲得して、44位での選出となったのは、勝浦 真帆選手です。
左頬に“辛”と書かれた姫唐辛子の全身コスプレで登場しました。
『おはようございます。今節、精一杯走るのでレースの評価は甘めでお願いします。好きなフルーツはバナナと岡山県産のすいかとパイナップルです。』と後に続くフルーツコスプレ組の前振りをしつつ、緊張したのか退場方向を間違えるハプニングもありましたが、首を傾けたり、小さく礼をしながらゆっくりと話すしぐさが可愛かったです。

第37位:安井 瑞紀選手【フルーツコスプレ(バナナ)】

得票数2,347票を獲得して、37位での選出となったのは、安井 瑞紀選手です。
先に登場した勝浦真帆選手と一緒に、バナナの全身コスプレで登場しました。
『基本、みんなが好きなチャンミ―バナナです。一皮も二皮もむけれるように頑張りまーす。応援してください。』と笑顔で話して一礼しました。

第20位:薮内 瑞希選手【フルーツコスプレ(岡山県産 すいか)】

得票数4,222票を獲得して、20位での選出となったのは、薮内 瑞希選手です。
先に登場した勝浦 真帆選手・安井 瑞紀選手と一緒に、スイカの全身コスプレで登場しました。
『おはようございまスイカ。えー、岡山県産のスイカです。好きなフルーツはメロンです。一節間、真面目に頑張ります。』と話すと少し気恥しそうにしている姿が印象的でした。

第10位:土屋 南選手【フルーツコスプレ(パイナップル)】

得票数7,845票を獲得して、10位での選出となったのは、土屋 南選手です。
先に登場した勝浦 真帆選手・安井 瑞紀選手・薮内 瑞希選手と一緒に、派手でリアルなパイナップルの全身コスプレで登場。
『だんだん熟してはきましたが、今節はフレッシュな私たちをお届けしまーす。岡山と言えば…もも!(笑)』と笑顔あふれる楽しいパフォーマンスでファンの心を掴んでいました。

群馬プロレス女子コンビ

第33位:櫻本 あゆみ選手【覆面プロレスラー】

得票数2,451票を獲得して、33位での選出となったのは、櫻本 あゆみ選手です。
シルバーの覆面レスラー風コスプレで登場しました。
『ボートレース宮島にきた、きた、きたー!えー、新日本プロレス、ドラゴンゲートプロレス大好き、櫻本あゆみです。今節投票してくれた皆様に感謝の気持ちを込めて、少しでも前を目指して、龍のごとく駆け上っていきたいと思います。ボートレース宮島で盛り上がれー!』と終始、かっこいいレスラー風のパフォーマンスで会場を盛り上げました。

第18位:松本 晶恵選手【サングラスでレスラー風?】

得票数4,526票を獲得して、18位での選出となったのは、 松本 晶恵選手です。
黒のサングラス風の穴開き眼鏡をかけで登場すると、右手は眼鏡のフチ、左手を腰に当てながらスピーチを開始しますが、その直後に眼鏡を外してしまいます。
『プロレス大好き櫻本のタッグパートナー・松本晶恵です。えー、ベストパフォーマンスができるよう、群馬プ女子、松本・櫻本で一生懸命がんばります!』と、後半に再び左手を腰に当てて、最後にはカッコよく一礼を決めました

ご当地特産物PR大使

第6位:西橋 奈未選手【福井県の特産品・カニのカチューシャで登場】

得票数11,947票を獲得して、6位での選出となったのは、西橋 奈未選手です。
颯爽と髪をなびかせて、福井県の特産品・カニのカチューシャをつけて登場しました。
『おはようございます。久しぶりのレディースオールスター、久しぶりの宮島でめちゃくちゃ嬉しいです。えー、オールスター、オールスターじゃない、えーとドリームにも選ばれたので、頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします。』と最初から最後まで満面の笑みで話している姿を見ると、幸せを感じました。

第5位:實森 美祐選手【宮島名物の縁起物・必勝祈願の大杓子を持って登場】

得票数12,653票を獲得して、5位での選出となったのは、實森 美祐選手です。
地元・宮島の特産品、大きなしゃもじを持っての登場となりました。
このしゃもじには、弁天様の琵琶の形に似ていることから「神徳をいただける」、「敵を召し取る(飯取る)」に通ずるということで、必勝祈願や願いごとの祈願に使われる縁起物
『おはようございます。たくさんの投票、本当にありがとうございます。宮島で、ドリームでしかも走れることに感謝をしながら、一生懸命頑張りたいと思います。よろしくお願いします。』と言って掲げた必勝祈願の大杓子に“祈願 レディースオールスター☆ 優勝”と書いているからには、今節での優勝もあるかも知れない⁉ですね。

気持ちを込めたメッセージ系

第9位:渡邉 優美選手【旅立った友・ナカタツへの想いを胸に…】

得票数9,367票を獲得して、9位での選出となったのは、渡邉 優美選手です。
コスプレ姿や小道具は用意していませんが、ディフェンディングチャンピオンの渡邉 優美選手も印象的なスピーチをされました。
『たくさんの投票、本当にありがとうございます。えー、強い気持ち込めて、今に感謝して、ナカタツ(故・中田 達也選手)の分も優勝します。応援してください。』と2022年11月に宮島競艇場でのレース中に接触事故で亡くなった故・中田 達也選手への思いを込めたスピーチで今節の優勝にかける想いを披露しました。

第1位:守屋 美穂選手【ファンファースト・自分より自分のことを…】

得票数27,283票を獲得して、栄えある1位での選出となったのは、守屋 美穂選手です。
こちらもコスプレ姿や小道具は用意していませんが、岩崎社長とお辞儀をかわして立ったマイクの前で、心に響く言葉を届けてくれた守屋 美穂選手。
『おはようございます。たくさんのご投票、本当に本当にありがとうございます。自分より自分のことを信じてくれる人がいるってことを、すごく幸せに思います。めちゃくちゃがんばるけん、見とってや~』というファンファーストなスピーチを聞いてしまっては、応援せずにはいられませんよね!
方言なまりのコメントが本当にキュートで、声も可愛い!無事故完走で頑張ってください!!

SNSの反応

大盛況のうちに幕を閉じた「第9回 レディースオールスター」のオープニングセレモニー。
選手の皆さんの気合が入ったパフォーマンスが話題となりましたが、SNSではどのような投稿があったのでしょう。
その一部をご紹介します。

SNS上には「めちゃくちゃ楽しみ」「岩崎工務店最高です」「岩崎工務店がんばれ」といった岩崎工務店推しのメッセージが多く投稿されていました。

その一方で批判的な意見も一定数いるのが現状。
投票したファンとしていない人の間に温度差があるということでしょうか?
オープニングセレモニーが通常の雰囲気と異なるため、仕方のないことかも知れませんが、選手の方々の準備とファンサービスの精神が多くの方々に届いて、一緒に楽しんでもらえたらな…と感じました。

  • 岩崎工務店への好意的な声が多数
  • 残念ながら、批判的な投稿も…

第9回 レディースオールスター出場選手

2月にびわこ競艇場で開催された「第8回大会」に続き、今年2回目の開催となった「第9回 レディースオールスター」。

第9回大会のファン投票で選出された出場メンバーにはどのような選手が名を連ねているのでしょうか。
人気も実力もトップレベルの女子選手が集う大会だけあって、注目が集まります。

第9回 レディースオールスター出場選手一覧

「第9回 レディースオールスター」は、開催時期が5月に変更になったことで、「SG・ボートレースオールスター」と時期が被ることになり、ファン投票(1月中旬~)と出場選手発表(3月中旬)は同じタイミングで行われることになりました。

出場選手を得票数順にまとめましたので、ご紹介します。

選出順位得票数登録番号選手名所属支部
1位27,283票4482守屋 美穂岡山
2位15,187票4546浜田 亜理沙埼玉
3位14,537票4387平山 智加香川
4位13,477票4502遠藤 エミ滋賀
5位12,653票4963實森 美祐広島
6位11,947票4961西橋 奈未福井
7位10,727票4190長嶋 万記静岡
8位9,683票4450平高 奈菜香川
9位9,367票4590渡邉 優美福岡
10位7,845票4964土屋 南岡山
11位7,728票5118野田 なづき佐賀
12位7,237票4011堀之内 紀代子岡山
13位6,284票4347魚谷 香織福岡
14位6,219票5146野田 彩加山口
15位5,728票3188日高 逸子福岡
16位4,793票5205刑部 亜里紗静岡
17位4,737票3435寺田 千恵岡山
18位4,526票4399松本 晶恵群馬
19位4,251票4878西岡 育未徳島
20位4,222票4909薮内 瑞希岡山
21位4,216票5203神里 琴音福岡
22位4,075票4611今井 美亜福井
23位3,796票5193米丸 乃絵福岡
24位3,605票4738清埜 翔子埼玉
25位3,405票3618海野 ゆかり広島
26位3,312票4045佐々木 裕美山口
27位3,110票4183宇野 弥生愛知
28位2,970票4313西村 美智子香川
29位2,716票5045平川 香織埼玉
30位2,573票4627藤原 菜希東京
31位2,495票4433川野 芽唯福岡
32位2,493票3611岩崎 芳美徳島
33位2,451票4478櫻本 あゆみ群馬
34位2,450票3999大瀧 明日香愛知
35位2,425票5019柴田 百恵静岡
36位2,364票3900香川 素子滋賀
37位2,347票4974安井 瑞紀岡山
38位2,345票5281井上 遥妃徳島
39位2,333票4746大豆生田 蒼埼玉
40位2,289票4927関野 文大阪
41位2,278票5204宇恵 有香三重
42位2,173票4443津田 裕絵山口
43位2,058票5231寺田 空詩山口
44位2,000票4884勝浦 真帆岡山
45位1,951票4208三浦 永理静岡
46位1,872票5194大久保 佑香埼玉
47位1,661票4123細川 裕子愛知
48位1,650票3845中谷 朋子兵庫
49位1,634票4289落合 直子大阪
推薦1,592票4936戸敷 晃美福岡
推薦1,590票4714喜多須 杏奈徳島
推薦1,509票4117廣中 智紗衣東京

ドリーム戦出場選手

ドリーム戦メンバーは大会開催の1〜2ヶ月前に発表されます。
第9回 レディースオールスターの場合は、開催の6週間ほど前の発表でした。

レディースオールスターのドリーム戦に出場する選手は、選出順位の上位6名から選出されます。
ちなみに枠番は、内枠から選出順位順に組み込まれます。

ちなみに今大会で選出されたのは、守屋 美穂選手浜田 亜理沙選手平山 智加選手遠藤 エミ選手實森 美祐選手西橋 奈未選手の6名です。

スクロールできます
枠番氏名(フリガナ)登録番号支部選出順位得票数
1守屋 美穂(モリヤ ミホ)4482岡山1位27,283票
2浜田 亜理沙(ハマダ アリサ)4546埼玉2位15,187票
3平山 智加(ヒラヤマ チカ)4387香川3位14,537票
4遠藤 エミ(エンドウ エミ)4502滋賀4位13,477票
5實森 美祐(サネモリ ミユ)4963広島5位12,653票
6西橋 奈未(ニシハシ ナミ)4961福井6位11,947票
出典:BOAT RACE公式サイト

ドリーム戦の出場権を手に入れたのは、得票数が最も多かった上位6名の選手です。
さすがは多くのファンを抱える1万票越えの人気女子レーサー。
実力・戦績・知名度、そしてルックスもトップレベルの、ボートレースファンであれば知らない人はいない位の錚々たるメンバーですね。

ちなみにドリーム戦は他のレースよりもハイレベルな戦いとなり、着順を取るのが難しいため、同じ開催でも他の一般予選レースと比べて得点率も高くなっています。

ドリーム戦は得点率が高いので、予選通過の鍵となる。
人気選手が一堂に会するドリーム戦に選ばれる選手に注目しよう!

レディースオールスターはどんなレース?

出典:レディースオールスター特設サイト

毎年2月下旬から3月上旬にかけて開催されていた「G2・レディースオールスター」。
2024年の第9回大会から開催時期が変更されて、5月上旬の開催に変更となりました。

2017年に新設された比較的新しい大会で、その正式名称は「レディースオールスター競走」といいます。

女子レーサーのなかでも人気と実力を兼ね備えたレーサーが集う大会で、SG級の売上総額を誇ります。
G2のレースでは最も盛り上がる大会とされるビッグレースです。

レディースオールスターはファンからの人気投票で出場選手が決まる大会で、位置づけとしては女子版のSGオールスター(笹川賞)とされます。

この大会の優勝者には、いずれもプレミアムG1競走のレディースチャンピオンBBCトーナメントの優先出走権が与えられます

レディースチャンピオン(LADIES CHAMPIONSHIP)とは、女子王座決定戦競走の通称名称です。
※BBCトーナメントとは、PG1・ボートレースバトルチャンピオントーナメント(BOAT RACE BATTLE CHAMPION TOURNAMENT)の略称です。

毎年2月下旬から3月上旬にかけて開催されてきたレディースオールスターですが、2025年2月に新設される「G1・スピードクイーンメモリアル」と開催時期が重なってしまうことから、第9回大会から5月上旬の開催に変更となりました。

女子戦では2025年に初開催を迎える「G2・スピードクイーンメモリアル」の次に新しい大会です。
次々に新しい大会が創設されるというのは、近年の女子戦が人気を博している何よりの証でしょう。

・1987年:レディースチャンピオン
・2012年:クイーンズクライマックス
・2014年:レディースチャレンジカップ
・2017年:レディースオールスター

出場条件は?

レディースオールスターの出場選手は52名
級別は不問ですが、ファンからの人気投票の得票数で出場選手が決まります。

その出場資格は以下の通りになっています。

  • 前年度のクイーンズクライマックス優出者(6名)
  • ファン投票得票数上位者(43名)
    ※前年度のクイーンズクライマックス優出者6名は数に含めないため、投票得票数が下位のものを繰り上げとします。
  • 選考委員会の推薦枠(3名)
    ※得票数が並んだ場合は、過去1年間(令和5年1月1日~12月31日)の勝率上位の者から、勝率が同率の場合には、着順点合計が上位の者から選出します。

選出除外

上記の出場資格を満たしていても、以下に該当する選手は選出除外となってしまいます。

  • 選考期間内の出走回数100走未満の選手
    ※前年度優勝者、選考委員会の推薦枠は除く
  • スタート事故による選出除外となる罰則期間(プレミアムGI、GI、GIIまたは女子戦)が当該競走の前検日を含む開催期間と重複する場合
    ※優勝戦はG1・G2は1年除外となるため、次回の同大会は確実に出場不可となる
  • 当該競走の前期級別がB2級の選手
  • 負傷・病気等により出場を辞退した選手
  • 褒賞懲戒規定による出場停止処分を受けた選手
    ※これは出場が決まっていても取消の対象

あっせん辞退期間等が当該競走の前検日を含む開催期間と重複する場合は、予備選手の資格を喪失します。

毎年大盛況!レディースオールスターの売上額は?

ナイター開催やネット投票が増え、ここ数年売り上げをぐんぐんと伸ばしているボートレース業界。

そのなかでも、売り上げが群を抜いて高くなっているSG競走にも匹敵するレディースオールスター。
レディースオールスターの売り上げもここ数年、一節間で90億~100億円を超える売上額となっています。

今までの売上額を下記にまとめました。

スクロールできます
開催年ボートレースクラシック節間総売上額
2024年・宮島
2024年・びわこ90億9580万円
2023年・蒲郡124億5927万円
2022年・桐生118億7900万円
2021年・芦屋102億7448万円
2020年・鳴門44億9771万円
2019年・児島62億6086万円
2018年・びわこ55億3857万円
2017年・宮島55億659万円

売上額は年々増え続けて、G2競走とは思えないくらいの大盛況。
近年では、創設された2017年の売上額の2倍ほどの金額まで増えていることから、2024年は100億円超えの売上額が見込めるでしょう。

ここ数年は一開催で100億円を超える売上額!ボートレースの人気の高さがうかがえます!

優勝賞金は490万円

レディースオールスターの優勝賞金は2024年の第9回開催からは490万円に増額されています。
前回の第8回大会は460万円、2020年度~2023年度までは450万円、2017年度~2019年度の優勝賞金は400万円でした。

なお2024年は大会の開催時期変更の影響により、2月にびわこ競艇場、5月に宮島競艇場で年2回の特例開催となっています。

しかし第8回大会については、賞金額増額の対象である2024年4月1日以前の開催であったため、優勝賞金は460万円でした。

優勝賞金の増額は、ボートレースの売り上げが年々伸びている証と言えるでしょう。

  • 優勝賞金の推移
年度賞金額
第9回大会(2024年5月開催)490万円
第8回大会(2024年2月開催)460万円
第4回大会~第7回大会(2020年2月~2023年2月開催)450万円
第1回大会~第3回大会(2017年2月~2019年2月開催)400万円

2024年4月から、G2競走の賞金が一律30万円増額された。
レディースオールスターは前年度から30万円増額して490万円に増額されました。

  • 選手獲得賞金
 順位優勝戦特別選抜戦宮島選抜戦
準優勝戦
ドリーム戦
予選
一般戦
優勝490万円65万円27.8万円16.8万円
2着270万円44万円20.4万円12.3万円
3着190万円33万円14.4万円9.2万円
4着140万円27万円10.6万円6.8万円
5着120万円24万円8.6万円5万円
6着105万円21万円7万円3.6万円
過去には社会貢献に繋がったことも…

トップレベルの実力者だけではなく、可愛い選手や美人選手も出場するビッグレース」という、華々しいイメージが前面にでやすいレディースオールスター。

これだけ人気がある大会であれば、その影響力も絶大であることは想像に容易いでしょう。

そんななかで、過去には『勝ち取った優勝賞金で社会貢献をしたい』と申し出た選手がいます。
それがあの“岩崎工務店”芸でオープニングセレモニーを沸かせた岩崎 芳美選手です。

岩崎 芳美選手が「ミス38位」に選出された、2020年の第4回大会。
ノリノリで白いボディコンを披露すると、そのまま優勝するという話題性抜群の偉業を成し遂げました。

当時の優勝賞金450万円を手にした岩崎 芳美選手ですが、その賞金の使い道について『何か地元に貢献したいとの思いがあり、その優勝賞金の一部を水難救助活動等に役立ててほしい』と申し立てたのです。

その結果、鳴門市消防本部に救助活動に使用するレスキュー用ライフジャケット10着を寄贈することとなりました。

贈呈式後には『優勝できた時は、何か地元に貢献したいと考えており、やっと出来た。寄贈品については、有効活用していただければ。』と語っています。

さすがレディースオールスターの“顔”とも言うべき存在。
社会貢献やボートレースのイメージアップに対する心遣いには頭が下がる思いです。
こうした人のためになる善行の積み重ねが、今日のボートレース人気の礎となっているのですね。

レディースオールスターの歴史

レディースオールスターが創設されてから現在までの歴史についても簡単に紹介します。

スクロールできます
内容
2017年 2月28日〜3月*日「第1回 レディースオールスター競走」開催。
2024年第9回大会から、開催時期が“2月下旬~3月上旬”から“5月上旬”に変更となる。
※2025年に初開催を迎える「G2・スピードクイーンメモリアル」の影響による開催時期変更
特例措置として、2月にびわこ競艇場、5月に宮島競艇場での年2回開催措置が取られた。
レディースオールスターの歴代優勝者

レディースオールスターは今回で9回目の開催となります。
歴代優勝者8名はどのような顔ぶれなのでしょうか。

開催年・優勝戦日・開催場・優勝者・登録番号・支部・決まり手をまとめました。

スクロールできます
回数開催年優勝戦日開催場選手名登録番号支部決まり手出目配当
第9回2024年5月12日宮島
第8回2024年2月25日びわこ渡邉 優美4590福岡逃げ1262,670円
第7回2023年2月26日蒲郡長嶋 万記4190静岡逃げ134980円
第6回2022年2月27日桐生守屋 美穂4482岡山まくり46135,130円
第5回2021年2月28日芦屋小野 生奈4530福岡逃げ123870円
第4回2020年3月8日鳴門岩崎 芳美3611徳島差し25321,150円
第3回2019年3月10日児島寺田 千恵3435岡山逃げ1543,730円
第2回2018年3月11日びわこ中村 桃佳4823香川逃げ1322,160円
第1回2017年3月5日宮島山川 美由紀3232香川逃げ132800円
出典:ボートレースオフィシャルサイトの「G1・G2スケジュール」コンテンツ内、各レディースオールスターの優勝戦結果ページ

次の5名の選手については、2024年の第9回 レディースオールスターに出場するため、活躍することは必須。
ぜひチェックしてみてください。

  • 渡邉 優美選手
  • 長嶋 万記選手
  • 守屋 美穂選手
  • 岩崎 芳美選手
  • 寺田 千恵選手
レディースオールスターの歴代「ミス38位」

レディースオールスターの伝統といっても過言ではない「ミス38位」の白いボディコン
毎年の恒例行事となり、楽しみにしている競艇ファンも多いのではないでしょうか?

しかしこの白ボディコン、最初にはじめたのは「木村 紗友希選手」でした。
第1回大会のオープニングセレモニーで“ミス”38位”と書かれた襷とともに披露した白いボディコン姿が話題を呼び、今大会までの伝統として息づいてきたのです。

続く第2回大会では喜多須 杏奈選手が、第4回大会では岩崎芳美選手が大喜びで白ボディコンを着用すると、そのまま優勝することで「レディースオールスターのミス38位=白いボディコン」というイメージがすっかり定着。

しかし突如、この衣装を封印する選手が表れます。
それが第6回大会の「ミス38位」である、山下 友貴選手。
出産して復帰直後の選出だったこともあり、それまで5年間続いた伝統を封印しました。

そして迎えた第7回大会。
多くのファンが『恒例の白いボディコンはもう見られないのか…』と思っていたところに、大人気美人レーサー・西岡 成美選手が期待に応える復活劇を演出し、その後も引き継がれて現在に至ります。

歴代の「ミス38位」をまとめましたので、ご覧ください。

回数・開催年ミス38位として選出された選手成績
第1回大会(2017年)木村 沙友希予選敗退
第2回大会(2018年)喜多須 杏奈予選敗退
第3回大会(2019年)深尾 巴恵予選敗退
第4回大会(2020年)岩崎 芳美優勝
第5回大会(2021年)土屋 実沙希予選敗退
第6回大会(2022年)山下 友貴
※当人が着用拒否
予選敗退
第7回大会(2023年)西岡 成美予選敗退
第8回大会(2024年)出口 舞有子予選敗退
第9回大会(2024年)柴田 百恵フライングにより賞典除外
過去のファン投票トップ3

第9回大会において、ファン投票の得票数4年連続1位を達成した守屋 美穂選手ですが、歴代の得票数トップ3の選手はどのような顔ぶれだったのでしょうか。

開催年1位2位3位
第1回大会(2017年)平山 智加選手
(13,287票)
遠藤 エミ選手
(10,253票)
長嶋 万記選手
(9,697票)
第2回大会(2018年)遠藤 エミ選手
(11,726票)
長嶋 万記選手
(11,709票)
小野 生奈選手
(10,947票)
第3回大会(2019年)大山 千広選手
(17,893票)
長嶋 万記選手
(15,189票)
小野 生奈選手
(14,442票)
第4回大会(2020年)大山 千広選手
(26,737票)
守屋 美穂選手
(16,944票)
平山 智加選手
(15,051票)
第5回大会(2021年)大山 千広選手
(28,019票)
守屋 美穂選手
(20,210票)
平山 智加選手
(18,895票)
第6回大会(2022年)守屋 美穂選手※
(21,176票)
平高 奈菜選手
(18,118票)
高田 ひかる選手
(13,871票)
第7回大会(2023年)守屋 美穂選手
(18,213票)
大山 千広選手
(17,969票)
平高 奈菜選手
(15,831票)
第8回大会(2024年)守屋 美穂選手
(18,393票)
平山 智加選手
(15,131票)
遠藤 エミ選手
(12,790票)
第9回大会(2024年)守屋 美穂選手
(27,283票)
浜田 亜理沙選手
(15,187票)
遠藤 エミ選手
(13,477票)

守屋 美穂選手の人気の高さがよくわかる結果です。
2022年に行われた第6回大会では、自身初の得票数1位で選出され、しっかりとファンの期待に応えて優勝を飾りました。

2024年は2位の浜田 亜理沙選手と12,000票以上の圧倒的な得票数差をつけての選出で、3年ぶりの女王奪還に期待が高まります。。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次