【初代賞金女王】三浦永理選手の旦那さんは吉島祥之選手!フライング・産休から復帰したトップ選手!

三浦永理選手アイキャッチ
おなご

強い女性は美しい。今日は三浦永理選手について解説するぞ。

無知なネコ

楽しみでやんす。

女子ボートレーサーの1人として、活躍を続ける三浦永理選手。実践によって着々と実力をつけ、2012年には第1回賞金女王決定戦を制して、女子選手のトップの座に立った経歴を持ってます。

男性トップレーサーに混じって活躍を見せる三浦永理選手は、まくり差しを得意とする選手です。その腕は、巧みなターンを決める高い技術力を持つことから「テクニカルエリー」というキャッチフレーズがついたほど。

順調に優勝を重ねて、多くの結果を残してきた三浦永理選手ですが、2015年に大きなスタート事故を起こしてしまいます。これにより厳しいペナルティを受けることとなった三浦永理選手。大きなダメージを負いながらも見事復活し、翌年にはめでたく結婚しました。

今回は女性トップレーサー「三浦永理選手」選手を深掘りしていきます。

\ 稼いでる182人が選んだ激アツサイト! /


稼いでいる人はみんな使ってる
【2023年1月最新版】優良オススメ予想サイト
はここからチェック!

目次

三浦永理選手の基本情報

出典:BOATRACE公式
名前
(フリガナ)
三浦 永理
(ミウラ エリ)
登録番号4208
生年月日1983年2月2日
身長157cm
体重49kg
血液型B型
支部静岡
出身地静岡県
登録期91期
級別A2級

三浦永理選手がボートレーサーを目指したきっかけ

三浦永理選手がボートレーサーを目指したきっかけを調べましたが、残念ながら発見できませんでした。

ほかの選手がボートレーサーを目指したきっかけで多いのは「父親がボートレース好きで勧められた」というもの。また、なかには「高校の先生に勧められた」という選手や「漫画モンキーターンを読んで憧れた」という選手もいるようです。

三浦永理選手がボートレーサーを目指したきっかけも、もしかしたらこれらの理由があったのかもしれませんね。

三浦永理選手の師匠は服部幸男選手

出典:BOATRACE公式

三浦永理選手の師匠は、64期の「服部幸男(ハットリユキオ)選手」(登録番号3422)です。

ダンディーな顔立ちのイケメン選手として、若手時代の1990年代にはボートレース界のアイドル選手のさきがけとして、女性ファンの人気を博しました。

そんな服部幸男選手は、1992年にSG全日本選手権21歳の若さで優勝し、現在に至るまでSG史上最年少優勝記録を保持しています。初優勝したことを皮切りに、続々とSGタイトルを獲得した服部幸男選手。1997年には賞金王座決定戦優勝して、ボートレース界の頂点にまで登りつめました。

長年に渡ってトップレーサーとして活躍している服部幸男選手ですが、そのすごさは華々しい経歴だけではありません。

服部幸男選手がデビューした当時は、内側艇を先に旋回させて、そのふところを通って相手を抜く「差し」の戦法が主流でした。しかし服部幸男選手は、自ら攻めて内側艇をまくり、内側艇との空いたスペースに飛び込む「まくり差し」という戦法を生み出したのです。

かつては、パワフルなまくり差しで活躍を続けてきた服部幸男選手。その弟子である三浦永理選手も、同じくまくり差しを得意としています。

三浦永理選手の弟子は勝又桜選手

三浦永理選手の弟子は「勝又桜(カツマタサクラ)選手」(登録番号4830)です。

かわいいルックスで男性人気が高い選手でしたが、2021年4月に現役を引退しています。

「師匠の三浦さんに追いつきたい」とインタビューで語っていた勝又桜選手。三浦永理選手の背中を追いかけて、これから活躍していくことに期待されていました。

しかし2019年に、ボートレーサーで同じ高校の先輩後輩の間柄でもある板橋侑我選手(登録番号4933)と結婚。その後産休に入るも、復帰することなくそのまま引退となってしまいました。

引退の理由について「子どもを育てていく環境と我が子への情熱がボートより勝ったから」だそうで、現在は育児に専念しているということです。

三浦永理選手、勝又桜さん、板橋侑我選手は3人とも同じ高校の卒業生。

三浦永理選手の2022年の成績

出走数1着率2連対立3連対率優勝数
20124.3%44.2%69.1%1

三浦永理選手の初勝利

三浦永理選手は2003年3月22日ボートレース多摩川で開催された「第8回ダブル優勝TVKカップ4日目1レースで、初勝利を挙げました。

ボートレーサー養成所を卒業し、2002年11月23日にボートレース浜名湖でデビューしてから4ヶ月42走目で待望の初勝利となりました。

三浦永理選手の初優勝

2007年11月8日ボートレース宮島で行われた「G3女子リーグ第12戦みやじまレディースカップ」で、三浦永理選手はデビュー5年初優勝を飾りました。

レースで0.04の好スタートを決めた三浦永理選手は、逃げを決め、2番手を3〜4艇身離して先行し、2マークで大きく引き離したまま独走状態でゴールインしました。

2004年4月26日にボートレース浜名湖で初優出してから、11回目の優出でついに優勝を勝ち取ったのです。

水神祭では大勢の仲間に抱え上げられ、高く放り投げられた三浦永理選手。同県の選手達が次々と飛び込み、初優勝の喜びを分かち合いました。

【2021年】三浦永理選手の獲得賞金

三浦永理選手の2021年の獲得賞金額は「29,577,000円」です。

女子賞金ランキングでは13位にランクインしています。

旦那さんは吉島祥之選手!夫婦揃って実力派レーサー!

出典:BOATRACE蒲郡

三浦永理選手は2016年8月22日に、愛知支部の同期「吉島祥之(ヨシジマヨシユキ)選手」(登録番号4215)と結婚しています。

吉島祥之選手の情報を簡単に紹介します。愛知県出身、愛知支部所属の91期で、現在の級別はB1級。2010年には一度A1級に上がっており、その後はA2級で長年活躍してきました。

気になる2人の馴れ初めですが、お互いにお酒が好きでよく一緒に飲んでいて、付き合うようになったのだそうです。2人は1年半の交際期間を経て、めでたくゴールインしました。

吉島祥之選手はここ数年B1級にとどまっていますが、過去にはA1級まで上がったこともある実力のある選手。2004年にボートレース宮島で開催された「G3新鋭リーグ戦競走第16戦」で初優勝を上げてから、一般戦で7回の優勝経験を持っています。

高収入なボートレーサーの仕事を夫婦でしていると、世帯収入はとんでも無いことになりそうですね。B1級選手の平均年収が1,100万円ということで、昨年度の三浦永理選手の賞金額と合わせると、世帯年収は4,000万円越えであると想像できます。

今後も夫婦揃って活躍し、ボートレース界を盛り上げて欲しいですね。

【2015年クイーンズクライマックス】痛恨のフライングで10億円以上の返還

出典:デイリー

2015年12月31日、ボートレース福岡で行われた「第4回クイーンズクライマックス・プレミアムG1優勝戦で、大惨事が起こりました。1号艇で1番人気の三浦永理選手が、1コースから痛恨のフライングをしてしまったのです。

このフライングによって、優勝戦の売上の81.2%にあたる1号艇絡みの舟券は全て返還となりました。その返還額は「10億4392万1200円」で、史上12番目の数字となってしまいました。

2015年12月31日「第4回クイーンズクライマックス・プレミアムG1」レース結果
出典:BOATRACE公式

さらにフライングをした選手には、厳しいペナルティが課せられます。三浦永理選手は、このフライングによって、2016年3月18日から6ヶ月間G1・G2は選出除外SGクラシックはフライング辞退PG1レディースチャンピオンも選出除外となってしまいました。

出遅れやフライングをスタート事故とし、選手には30日間の斡旋停止などの重い罰則が与えられます。また一定期間、SGなど大きなレースにも出場できなくなってしまうのです。

レースの様子が気になる方は、こちらの動画をどうぞ!

2017年12月から産休に入り2020年1月から復帰

出典:日刊スポーツ

2017年12月26日〜31日にボートレース大村で開催された「第6回クイーンズクライマックス」を最後に、産休に入った三浦永理選手。

約2年を経て、2020年1月17日〜21日に地元であるボートレース浜名湖で開催された一般戦「日刊スポーツウインターカップ」でレースに復帰しました。

「デビュー戦くらいドキドキする」と話していた三浦永理選手でしたが、2年のブランクを感じさせない走りで予選を6位で突破し、準優勝戦までコマを進めました。

三浦永理選手の出身高校

出典:Wikipedia

三浦永理選手の出身高校は、静岡県沼津市にある私立「加藤学園高等学校」です。地元では「カト学」と呼ばれています。

6割以上の生徒が4年制大学に進学する進学校で、運動部、文化部合わせて全33部ある部活動にも力を入れている学校です。

そんなカト学の設置学科偏差値を下記にまとめました。

設置学科(偏差値)
  • 特進部(56)
  • 進学部(46)
  • 総合学部(43)

三浦永理選手は高校時代に、ソフトボール部で活躍していました。双子の姉(一卵性双生児)とともに二遊間コンビを組み、インターハイにも出場しています。

三浦永理選手の趣味はお酒を飲むこと

三浦永理選手はこれといった趣味がないそうで、強いていうならば「お酒を飲むこと」が好きなのだそうです。

前述した通り、夫と付き合うようになったきっかけも「お酒」という三浦永理選手。夫婦揃っての休日には、夫と2人でお酒を嗜んでいるのでしょうか。

幼い子どもを育てる母親でもある三浦永理選手には、今は趣味に使える時間もないくらいに忙しいのかもしれませんね。

三浦永理選手のSNS

三浦永理選手は、残念ながらSNSを開設していないようです。

Instagram

三浦永理選手はInstagramを開設していません。

しかし「#三浦永理」と検索したところ112件の投稿がヒットしました。ボートレースの公式Instagramや他の選手の投稿から、かっこいいレース画像や貴重なオフショットを見ることができます。

Twitter

残念ながら、三浦永理選手はTwitterもやっていないようです。

しかし各ボートレース場の公式Twitterなどで、三浦永理選手の情報を見ることができます。

リラックスした表情のオフショットや、仲の良い選手同士で過ごす休日の模様など、貴重な写真が見られるのもSNSの魅力ですね。

三浦永理選手アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次