深尾 巴恵選手がデビュー10年で通算100勝を達成!SNSの反応・ボートレーサーを志したきっかけ・SNS・獲得賞金・結婚まで徹底調査!

2024年6月23日、芦屋競艇場で開催された「一般・BOAT Boyカップモーヴィ芦屋オープン3周年記念」3日目の第10レースの予選特賞で、深尾 巴恵選手(静岡・115期)が大外6コースから鮮やかなまくり差しを魅せて通算100勝を達成しました。

ボートレース芦屋で2024年6月21日~26日に開催される「BOAT Boyカップモーヴィ芦屋オープン3周年記念」3日目の第10レースで群馬支部の深尾 巴恵選手が大外の6コースから鮮やかなまくり差しを魅せて、今節初勝利と通算100勝を達成しました。

2014年11月に桐生競艇場で初出走を飾った深尾 巴恵選手にとって、2024年はデビューから10年目のミレニアムイヤー。
4月には結婚を電撃発表して、5月から出身地の地元・群馬支部から静岡支部へ移籍という記念すべき年に“通算100勝達成”という節目を迎えたとあって、ご本人とファンにとって待望の大台達成となったことは間違いありません。

深尾 巴恵選手はインタビューで『展開が良かっただけです。男の人と比べると、少しいいかもしれないけど、体感的には中の下くらい』と謙遜しつつ、『デビュー10年で100勝なので、あと90年で1000勝出来るので、121歳まで頑張りたいと思います。』と冗談交じりに笑みを浮かべていました。

これからも様々な話題で注目を集めること間違いなしの深尾 巴恵選手について、どこよりも詳しくご紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

深尾 巴恵選手が通算100勝を達成

深尾 巴恵選手が通算100勝を達成したのは、2024年6月23日
2024年6月21日~26日に芦屋競艇場で開催された「一般・BOAT Boyカップモーヴィ芦屋オープン3周年記念」3日目の第10レース、予選特賞でのできごとでした。

今節は未だに勝ち星なし、得点率も28位という予選突破も厳しい状況で臨んだレース。
1号艇にはここまでオール3連対、しかも1着を2本あげている橋本 英一選手、2号艇には今節1着と2着が2本ずつで好調な岡田 憲行選手、そして4号艇にはこのレース唯一のA1級選手・今井 貴士選手という錚々たる面々。

記念すべき記録の達成というプレッシャーがかかる条件下で、コンマ07の好スタートから、気持ちがいいくらい鮮やかなまくり差しを決めて、歓喜の通算100勝を達成しました。

このレースの3連単641は、なんと101番人気の99,990円(999.9倍)の特大万舟券。

芦屋競艇場の1コース1着率は59.6%で、全国平均の54.5%よりもかなり高い水面での大金星。
デビューから9年7か月目にして大きな戦績を残してくれました。

出走表

出典:BOAT RACE公式サイト

単勝オッズ

枠番級別選手名単勝オッズ
1B1橋本  英一2.1倍
2A2岡田  憲行4.6倍
3B1木下  陽介13.4倍
4A1今井  貴士2.1倍
5B1前川  守嗣26.8倍
6A2深尾  巴恵13.4倍

3連単オッズ

買い目(人気順)オッズ(倍)
124(1番人気)7.5
142(2番人気)10.5
123(3番人気)13.4
214(4番人気)17.4
134(5番人気)17.7

レース結果

出典:BOAT RACE公式サイト

今節初勝利のレースと水神祭の様子

深尾 巴恵選手の通算100勝達成を祝して、今節初勝利のレースと水神祭の様子を動画でご紹介します。
同期や女子選手から水面に“巴恵投げ”をされて、祝福を受ける深尾 巴恵選手に注目です。

出典:西スポRACE SITE
出典:西スポRACE SITE
  • 【やったね!深尾ちゃん】深尾巴恵選手が魅せた!通算100勝のメモリアルを大外から飾る!
出典:JLCプラス ボートレース映像配信「JLC」セカンドチャンネル
  • 通算100勝! 4843 深尾 巴恵 選手(静岡支部)の水神祭~インタビュー
出典:【あしやんTV】 ボートレース芦屋 YouTube チャンネル

通算100勝達成に対するSNSの反応は?

深尾 巴恵選手が通算100勝を達成したニュースをうけて、ファンからはどのような反応があったのでしょうか。

おめでとう』『御見それしました』『綺麗なまくり差しが見られて嬉しい』という温かいメッセージのほかに、『自分史上最高配当的中できました』という言葉が投稿されたところを見ると、「さすが深尾 巴恵選手!」って感じがヒシヒシと伝わってきます。

特に“綺麗なまくり差しを絶賛するメッセージが目立ちました。
深尾 巴恵選手がどれだけ多くのファンから愛されているのかがよくわかる内容です。

投稿されていた反応の一部を抜粋してご紹介します。

https://twitter.com/mo_to_ka1007/statuses/1804856880772047066

深尾 巴恵選手の基本情報

名前
(フリガナ)
深尾 巴恵
(フカオ トモエ)
登録番号4843
生年月日1992年9月25日
身長157cm
体重47㎏
血液型B型
支部静岡
出身地群馬県
登録期115期
級別A2級

深尾 巴恵選手は1992年生まれ、群馬支部所属のA2級レーサーです。

可愛い見た目からは想像しがたい、天真爛漫かつ面白いキャラクターで周囲をいつも笑顔にしてしまう明るさが魅力となり、多くのファンを抱えています。

インタビューやYouTube動画で見せる、かわいい系と不思議系を合わせたようなクセになるキャラクターが個性的で、これからレースでの成績が伸び続けることでますます知名度が上がっていくのではないでしょうか。

無知なネコ

深尾 巴恵選手の勝利者インタビューは必ず何かが起こるらしいけど…
可愛い見た目からは想像できないよね?

おなご

そうそう、過去にはリーゼントのカツラ&ボールを回す仕草をしてたよ!
見た目と中身のギャップというか、一度見たら忘れられない女子選手だね♪

無知なネコ

えぇ…( ゚Д゚)
これはスラムダンクを模しているのかな?

おなご

そうだね、レディースオールスターで披露した姿がコレだよ☟
もう勝利者インタビューは必見って感じかな♪
“深尾ワールド”と言われる独特の雰囲気が魅力的なんだよね

深尾 巴恵選手の過去戦績

スクロールできます
日付レース名レース場グレード戦績・概要
2014年11月25日第9回 下野新聞社杯桐生一般デビュー
2015年12月3日富士通フロンテック杯大村一般初勝利
2023年11月23日マンスリーBOAT RACE杯平和島一般初優出・初優勝
2024年6月23日BOAT Boyカップモーヴィ芦屋オープン3周年記念芦屋一般通算100勝達成
出典:【公式】ボートの時間!

2014年11月25日に群馬支部のホームプール・桐生競艇場でデビューを飾ると、翌2015年12月にはデビューから102走目で初勝利。

そして、デビューから9年後の2023年11月23日には平和島競艇場で悲願の初優出と初優勝を同時達成、さらにデビューから9年7か月を迎える2024年6月23日には芦屋競艇場で節目となる通算100勝の勝ち星を獲得しました。

デビューから10年、引退間際の崖っぷちを経験した深尾 巴恵選手だからこそ、今回の通算100勝の達成は大きな価値があるわけで、ファンにとっても喜びはひとしおだったはず。

「4期通算勝率3.80ギリギリ」から「A級昇級」だなんて、2021年当初は誰も想像できなかったでしょう。
この流れは、深尾 巴恵選手のメンタルの強さを物語っており、今はまだ“A級かけだし”ですが、将来的には“遅咲きの大輪の花を咲かせる器”なのかもしれません。

  • 初A級・深尾巴恵 強敵揃いの準優勝戦!│BOATCAST NEWS 2024年1月9日│

出典:ボートレース公式 BOATRACE official
  • 【蒲郡】深尾曰く「神回」!?深尾巴恵&出口舞有子&倉持莉々&中村桃佳の我等友情永久不滅軍団【勝ガマ】
出典:ボートレース蒲郡公式YouTubeチャンネル

ボートレーサーを志した理由

深尾巴恵選手がボートレーサーを目指したきっかけは親孝行がしたかったからだそうです。
高校卒業後に私立新島学園短期大学に進学。
そして、卒業を控えた時に思い出したのが、テレビで放送されていた競艇の養成所特集。

学歴不問で平均年収1,600万円という言葉から親孝行ができると思い、競艇選手になることを目指したそうです。

実は深尾巴恵選手のお父さまは大の競輪好きで、最初は競輪選手になることを勧めていました。
ところが、それを拒否して父の勧めとは異なる公営競技の選手を目指したようです。

中学校時代には生徒会の副会長を務めた経験を持ち、食べることが大好きな大食いキャラという一面を持ちながらも、レース前はきっちり減量しているしっかり者。

過去には引退説をささやかれたこともあり、2021年前期までの4期通算勝率が3.79で振るわず、“4期通算勝率3.80未満”の条件をクリアできずに成績不振での引退勧告を受ける瀬戸際に瀕していました。
しかし、2021年3月20日の大村競艇場で開催された「G3・オールレディース 第15回 蛭子能収杯」初日の大3レースでで3着に入ったことで、かろうじて勝率3.80を確保することに成功。
なんとか引退を回避したという経歴を持ちます。

そしてボートレーサーとしての目標は『群馬の星になる』ことだそうです。
なんとも応援したくなる選手ですね。

おなご

競艇の養成所特集を見てボートレーサーを目指した選手には、ほかに120期の安井瑞紀選手(4974)がいるよ。

無知なネコ

意外にもテレビの特集番組を見て、ボートレーサーを目指した選手は結構いるんだね。

深尾 巴恵選手の初勝利

深尾 巴恵選手の初勝利は2015年12月3日
大村競艇場で開催された一般戦「富士通フロンテック杯」最終日の7レースでのできことでした。
1番格下で6コースからのレースという不利な条件下でトップスタートを決め、大外からの豪快なまくりからの独走で初白星を獲得しています。
このレースの3連単615140,810円で、10万舟超えという超高配当!
全国で最もインコースの勝率が高い大村競艇で、格上選手を相手に大金星を上げました。

出典:BOAT RACE公式サイト
出典:BOAT RACE公式サイト
  • 初勝利のレース映像と緊張のインタビュー動画です。
出典:ボートレース公式 BOATRACE offi

深尾 巴恵選手の初優出・初優勝

深尾 巴恵選手の初優出・初優勝は2023年11月23日
平和島競艇場で開催された一般戦「マンスリーBOAT RACE杯」最終日の第12レースでのできことでした。
出場選手の半数がA級選手、しかも当時1コース1着率64.2%を誇るA1級の赤羽 克也選手のイン戦。
深尾 巴恵選手はこの厳しい条件下で2コースからコンマ05のトップスタートを決めて、見事な抜きを披露すると、初優出にして悲願の初優勝をつかみ取りました。

このレースの3連単2359,660円で、万舟に迫る高配当!
「東のメッカ」と呼ばれる平和島競艇で、格上選手を相手に大金星を上げました。

出典:BOAT RACE公式サイト
出典:BOAT RACE公式サイト
  • 優勝戦のレース映像と幸せ絶頂のインタビュー動画です。

初優勝のウラ話

深尾 巴恵選手は、2024年4月1日のエイプリルフールに結婚していた事実を電撃発表しましたが、実は2023年11月22日(いい夫婦の日)に入籍を予定していたそうです。

奇しくもその日は、11月18日~23日に平和島競艇場で開催された一般戦『マンスリーBOATRACE杯』の5日目。
順調に準優勝戦に駒を進めた深尾 巴恵選手はイン逃げ1着を決めて、翌日の優勝戦の切符をゲットするほどの好調さを見せます。

初優出・初優勝を決めたことは選手として最高に嬉しかったことでしょう。
しかし入籍を予定していた深尾巴恵選手にとっては幸か不幸か…
一生に一度の究極の選択を迫られたに違いありません。

それでも深尾 巴恵選手はレースを優先し、入籍日を遅らせる選択をしたのです。
きっとその決断には、自分の初優勝を応援してくれた伊藤 将吉選手の存在が大きかったことと思います。

そんな心温まるエピソードを5か月も胸にしまっていたなんて、本当に素敵ですね。
2024年5月からは夫である伊藤将吉選手と同じ静岡支部に移籍して、群馬支部の可愛い人気女子レーサーから、静岡支部の可愛くて“強い”人気女子レーサーにうまれ変わった深尾 巴恵選手。
末永くお幸せに…♡

同期(115期)の注目選手

深尾 巴恵選手の同期である「115期」には、SGボートレースオールスター出場を決めている関浩哉選手、福岡支部のエースである仲谷颯仁選手などがおり、いずれも強豪揃いです。

スクロールできます
登録番号名前支部級別
4850野中  一平愛知A1
4851関   浩哉群馬A1
4848仲谷  颯仁福岡A1
4856豊田 健士郎三重A1
4847佐藤 隆太郎東京A1
  • 野中 一平選手(4850)/1994年10月17日生まれ/愛知/A1
  • 関 浩哉選手(4851)/1994年11月16日生まれ/群馬/A1
  • 仲谷 颯仁選手(4848)/1994年8月20日生まれ/福岡/A1
  • 豊田 健士郎選手(4856)/1996年3月13日生まれ/三重/A1
  • 佐藤 隆太郎選手(4847)/1994年5月7日生まれ/東京/A1

深尾 巴恵選手の獲得賞金

A2級レーサーとして、第一線で活躍している深尾 巴恵選手。

G1競争への出場経験はまだありませんが、一般戦で活躍する機会も増えてきました。
2024年前期には自身の持つ最高勝率5.72を記録し、初のA級昇級も果たして、成績も右肩上がり。
現在では、2021年の引退危機が嘘のような活躍を見せているため、もちろん獲得賞金も増加していることが想像できると思います。

年度級別賞金女王ランキング獲得賞金
2024年A2
2023年B194位14,207,800円
2022年B1→B2圏外8,220,000円
2021年B2→B1圏外6,355,000円
2020年B2→B1圏外6,746,000円
2019年B1圏外6,233,200円
2018年B1→B2圏外4,915,000円

A2級ボートレーサーの平均年収は約1,800万円といわれています。
しかし、深尾 巴恵選手は2023年までB1級だったことから、今回の比較対象はB1級レーサーの平均年収1,100万円とB2級レーサーの平均年収500万円とします。

直近5年間のデータから算出した平均年収は、約853万円程度。

2023年後期までB1級だったことを考慮すれば、B1級ボートレーサーの平均金額1,100万円より少ない金額で、ちょうどB1級とB2級の平均年収の中間くらい。

その理由は、B1級とB2級を行き来してなかなか成績が安定しない期間が長かったためです。
ただ、2023年は11月に初優出・初優勝を果たしたことで獲得賞金額が大幅にアップしており、その後の活躍も相まって自己最高の獲得賞金額を記録しています。

2024年はめてA級に昇級したことで、さらに多くの賞金を獲得することができるでしょう。

ちなみに、一般的な31歳の社会人女性の平均年収は約369万円とされていますので、深尾 巴恵選手の平均年収の約853万円は2.3倍の金額に相当します。

直近5年間の平均年収をひと月に換算すると月収が約70万円ですから、一般人とはかけ離れた高収入です。

近年は獲得賞金額が1,000万円を超えるようになり、2021年の引退勧告目前からの回避を底として獲得賞金額がコンスタントに増え続けていることから、深尾 巴恵選手の成績がかなり良くなっていることがわかります。

深尾 巴恵選手の結婚

2024年4月1日、静岡支部の伊藤 将吉選手(45歳)と群馬支部の深尾 巴恵選手(31歳)が結婚を発表しました。
エイプリルフール、しかもオールレディースリップルカップのオープニングセレモニーでの衝撃告白。
『私事ですが、結婚しました。』という突然の結婚宣言に、ウソか事実なのか分からずに戸惑う声が多数。
しかし、幸せいっぱいの笑顔がこぼれた様子を見ると、どうやらウソじゃない本当の話!

深尾 巴恵選手いわく、
ファンの人に「エイプリルフール?事実?どっちだろ?」って思わせようと思っていた』とか。
実はとっくに結婚していたんです。去年の11月27日に。いい夫婦の日(11月22日)にしようと思ったら仕事で…』延びてしまったそうです。
5月から静岡支部になります。』とのことで、ファン思いでキャラの強い深尾ワールド全開のハッピーサプライズでした。

なんと入籍予定日の翌日に初優勝を飾っていたなんて…。
喜びも大きかったでしょうし、一緒に喜んでくれる旦那さんがいたからこその活躍だったのですね!
入籍よりも深尾巴恵選手の初優出・初優勝を優先して、応援してくれた伊藤 将吉選手の器の大きさが素敵すぎます!

結婚相手の伊藤 将吉選手はどんな選手?

伊藤 将吉選手は静岡支部所属、85期のA1級ボートレーサー
ファンからは“ショーキチ”という愛称で親しまれています。
どこかEXILEの元パフォーマー・HIROさんに雰囲気が似ているような…
静かなる侍」の異名を持つ、落ち着いた雰囲気のイケオジレーサーです。

名前
(フリガナ)
伊藤 将吉
(イトウ マサヨシ)
登録番号4033
生年月日1978年9月20日
身長169cm
体重53㎏
血液型O型
支部静岡
出身地静岡県
登録期85期
級別A1級

星座こそおとめ座とてんびん座で違うものの、なんと誕生日は5日違い!
お2人の年齢差は14歳で、2まわり違いの申(さる)年生まれです。

同期(85期)の注目選手

伊藤 将吉選手の同期である「85期」にはどのような選手がいるのでしょうか。
主だった選手を以下にまとめました。

スクロールできます
登録番号名前支部級別
4024井口  佳典三重A1
4028田村  隆信徳島A1
4030森高  一真香川A1
4036金田   諭埼玉A1
  • 井口 佳典選手(4024)/1977年8月22日生まれ/三重/A1
  • 田村 隆信選手(4028)/1978年3月15日生まれ/徳島/A1
  • 森高 一真選手(4030)/1978年6月3日生まれ/香川/A1
  • 金田 諭選手(4036)/1978年11月9日生まれ/埼玉/A1

85期」は、競艇界で一番の”黄金期”と呼ばれています。
デビュー当初から高い素質を発揮してタイトルを獲得する選手が多く、輝かしい活躍から「銀河系軍団」と称されています。
SG戦線に名を連ねるレーサーが多数在籍し、艇界において欠かすことのできない存在です。

とくに2024年のボートレースクラシックに出場した井口 佳典選手田村 隆信選手、ボートレースオールスターへの出場を決めている森高 一真選手など、錚々たる猛者ぞろいです。

深尾 巴恵選手のSNS

深尾 巴恵選手のファンならレースでのかっこいい姿やプライベート、人柄でもキャラが際立つ、魅力的な深尾 巴恵選手のオフショットが気になるところですよね。

深尾 巴恵選手のSNSを調査したところ、ファンが閲覧できるInstagramX(旧Twitter)のアカウントはありませんでした。

ほかにも深尾 巴恵選手ご自身はYouTubeでチャンネル開設はしていませんが、ご自身が登場する動画が数多く投稿されています。

なお、Instagram・X(旧Twitter)ともに「#深尾巴恵」で検索することで、たくさんの投稿を閲覧することができます。

  • Instagram  不明
  • X(旧Twitter)  アカウント作成していない
  • YouTube チャンネル開設していない

・Instagram

アカウント名は fukao_official(非公開)だと推測されますが、確証がないため、不明としました。

このアカウントは深尾 巴恵選手がデビューした2014年11月からInstagramを開設しており、投稿は225件あります。

ちなみにこの口元は、ボートレース多摩川のInstagramで投稿された写真と同一のもののようです。

出典:深尾巴恵選手Instagram

しかし、非公開のアカウントのため、投稿の確認はできず、深尾 巴恵選手ご本人のアカウントという証拠もありませんのであしからず。

代わりに、「#深尾巴恵」で投稿されていた内容をご紹介します。

X(旧Twitter)

アカウントは存在しませんが、深尾 巴恵選手に関連した投稿を確認できます。
その一部を抜粋してご紹介しますね。

・YouTube

深尾 巴恵選手はYouTubeチャンネルを開設していません

しかしボートレース公式チャンネルなどで登場する動画を見ることができます。

インタビューやトークショー、そのほかにもレース映像など多くの動画が投稿されていましたので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

ぜひこの機会に深尾 巴恵選手のこれまでの軌跡を振り返ってみてくださいね。

深尾巴恵選手の魅力がYouTubeで爆発!!

深尾巴恵選手についてさらに知りたいという方には、YouTubeを視聴してもらうのがおすすめ。
とくにトークショーの動画は天真爛漫な性格が伝わってくるので、一見の価値ありですよ。

  • 【蒲郡】深尾巴恵VS出口舞有子VS清埜翔子、似顔絵対決!!【勝ガマ】
出典:ボートレース蒲郡公式YouTubeチャンネル
  • 【深尾巴恵ちゃん】ボートレース平和島で初優勝したこと/ 広瀬すず級の真相 【必見】好みの男性について / 最近の推し活について
出典:前田華奈選手YouTubeチャンネル
  • 【GⅢレディース笹川杯】深尾巴恵「心臓を捧げよ!」
出典:東スポレースチャンネル

【おまけ①】デジタル写真集・LOVE BOAT RACER

ここまでキャラが際立つ面白い深尾 巴恵選手をご紹介してきましたが、ここではしっかり可愛い深尾 巴恵選手をご紹介します。

  • デジタル写真集月刊LOVE BOAT RACER 深尾巴恵完全版part1 Digital photo book “Monthly LOVE BOAT RACER” Tomoe Fukao part1
出典:Love BoatRacer
  • デジタル写真集月刊LOVE BOAT RACER 深尾巴恵完全版part2 Digital photo book “Monthly LOVE BOAT RACER” Tomoe Fukao part2
出典:Love BoatRacer
  • デジタル写真集月刊LOVE BOAT RACER 深尾巴恵完全版part3 Digital photo book “Monthly LOVE BOAT RACER” Tomoe Fukao part3
出典:Love BoatRacer
  • デジタル写真集LOVE BOAT RACERが「月刊LOVE BOAT RACER」としてスタート!! It will be launched as ‘Monthly Love Boat Racer’
出典:Love BoatRacer
  • デジタル写真集 月刊 LOVE BOAT RACER 深尾巴恵ダイジェストDigital photo book “Monthly LOVE BOAT RACER” Tomoe Fukao digest
出典:Love BoatRacer

【おまけ②】競艇マクールでのインタビュー記事

YouTubeの深尾 巴恵選手は魅力抜群ですが、真面目なはずのインタビューでの受け答えも秀逸
普通のインタビューで「イルカ」や「農民の土一揆」という単語はなかなか出るものではありません!
読み進めるほど“クスっ”と笑ってしまうこと請け合いです。

深尾 巴恵選手のインタビュー記事を見つけたので、気になった方はこちらもご覧ください。

今、狙える選手に訊く~深尾巴恵インタビュー~
2024/02/21 17:15

昨年に成績急上昇

特にここを改善したということはないので、なんでなんだろうというのが正直な気持ちです。少し前に(4期通算の)勝負駆けをクリアした後、自分の考えでやってみようと思ってやっていたら、またすごく成績が下がってしまったんですよ(苦笑)。でも、分からないなりにいろいろやろう、とにかくペラだけは絶対に叩く、とやっていたらだんだん自分はこういう形だと乗れないっていうのが分かるようになってきました。それだけですかね。自分の形があるというよりは、絶対にしたくない形が分かってきたという感じです。

なぜやるようになったか?やっぱり稼いでる人ほどサボらないんですよ。で、私は、分からないからいいやこのままで行こう、みたいなところがあったんです。けどそれじゃダメだって…。

まだ何かをつかんだということもないんですが、それでも成績が上がったのは、最悪だったイン戦が小マシになったこと、差せないままなんですけど握っていたらなんか運が良かった…、という感じですかね。

一番変わったことは歯の矯正を始めたことと、整体に通うようになったことじゃないかと思っているんですけどね(笑)。ゲージも変えてないし…。ただ、予選を突破しようってことは考えるようになったかもしれません。それを意識することで、準優に乗る回数が増えてきたのはあると思います。以前はそもそも頑張り方がよく分からなかったけど、こうしちゃダメっていうのが少しずつ分かってきたのかなぁって感じです。

昨年11月に初優勝

エンジンは前の2人が女子選手だったんですけれど、前々走者の時に転覆して壊れてしまい、前走者はいいけど走るとそうでもないって感じだったと聞きました。初日の段階でもまだ乗りづらかったんですが、ペラを叩いていたら良くなっていきました。女子戦だと、あそこまで出るってことはないんですけど、混合戦だったのが良かったんですかね。出ているという感じになりました。普段から私も乗っているだけで出ているというタイプなんですが、女子戦だともっと出る人がいるから目立たないんですよね。

2日目はメッチャ良くなって、3日目は向い風が吹いていて、6号艇でフライングだけはしたくないって思っていたら遅れてしまい…。ただ足的には上り調子で良くなっている実感はありました。

準優が1号艇だったのはイヤでしたねぇ(苦笑)。できれば3号艇ぐらいが良かったんですけど…。ただレースになるとエンジンの力があったので、なんだか余裕がありました。エンジンの力で勝てたと思います。

ずっと優出したかったんですよ。予選を突破しようと考えるようになったと言ったのは、予選を突破していればいつか奇跡的に優出することもできるんじゃないかと思ったからなんです。だから優出で満足してしまったところはありました。支部の先輩には優勝戦の日にレースまで「待っていようか?」って言われたんですけど、「たぶん優勝は無理なんで先に帰って下さい」って言っちゃったんですよね。それぐらい優勝できるとは思っていなかったです。2号艇って苦手なんで、私の中では7号艇くらいのイメージなんですよ(苦笑)。

上手い人はカジキみたいな差しができるんですけど、私はイルカみたいな差しなんです、差せたとしても…。どういうことかって、鋭さがないってことです(苦笑)。レース前は「私はカジキ」って自分に言い聞かせていました(笑)。

スタートは放ったので伸びてはいきませんでしたがちょっと前にいて…。前にいると握っちゃうんですよね。気づいたら握っていて、バレバレですよねって感じでした。普通はぶっ飛ばされると思うんですけど、エンジンが良かったからまだ前の争いにいて…。2等ですよ、すごい!って気持ちになりつつ、「2等で満足しますか?」と自分と相談したら、もうひとりの深尾が「ダメでしょ。ぶっちぎるか転覆でしょ!」って(苦笑)。

確かにって思って、分かりましたとウワーって外を回ったら、前に出ていました。先頭に立ってからはFはしていないよなって再確認して、あとは3周絶対に回ろうと…。ゴールの瞬間はいいんですか?って感じでした。

たくさんの人におめでとうって言ってもらったのはうれしかったですね。初優出初優勝は出来すぎですけど、優勝するならこれしかなかったかもって気もします。優勝して気持ちは変わった?次の下関にその気持ちで行ったら転けて…(苦笑)。エンジンが良かっただけで私が変わったわけじゃないんだなって思いましたし、また精進しようと思いました。

初のA級昇格

優出を目標にしていたので、A級は特に目指していたわけじゃなかったんです。それが期末にA級になれるやんってなった時に1回でもいいからなりたいなって…。A2級ってかっこいいですね(笑)。1月から出走表にA2と書かれるようになったじゃないですか。みんなにビックリされます。それはそうですよね(苦笑)。

A級になるには、何か武器がないといけないと思っていたんです。スタート力、整備力、旋回力、みたいな。私は武器がないのに農民の土一揆みたいな感じで、気合いだけだったような(笑)。

出来るならスタート力をつけたいですね。今は自信がないから、たまにハナを切っていると動揺しちゃうんですよね。絶対に入っているのにみんながいないと放って遅れたり、逆もあるし…。もっとスタートに自信が持てたら大きいですよね。

今後の目標

レディースオールスターは私ごときがあんなに上位で選んでもらったのはありがたかったです。うれしいけど、第1回に出たときは、心ない言葉もたくさんネットで言われたりしたんで、あまりこのレース自体が好きじゃなかったというか、この大会を作った人をちょっと呪っていました(笑)。でも今思えばありがたかったと思えるし、今回の順位が最高だと思うので頑張りたいです。ただ、女子戦が久しぶりなんでビビっています(苦笑)。

優出という目標が叶ったどころか優勝まで飛び級でしてしまったので、目標がなくなってしまったんですけど、毎節予選突破を目標にやっていきたいです。

今、狙える選手に訊く~深尾巴恵インタビュー~

今、狙える選手に訊く~深尾巴恵インタビュー~ | ボートレース(競艇)【マクール】 (macour.jp)

まとめ

勝利者インタビューやYouTube動画では、その可愛い見た目からは想像できないような、クセ強で独特の世界感を披露し続けている深尾 巴恵選手。

レースでの成績も右肩上がりで、これからますます注目を集めていくことが予想されます。

2021年には「4期通算勝率3.80以上」の壁をクリアすることさえも厳しく、一時は引退間際の崖っぷちという苦境に立たされて、首の皮一枚で繋がった選手生命でしたが、それから3年が経過する2024年にはついにA級へ初昇級を果たしました。

ここまでの道はとても険しかったはずですが、それでも乗り越えてこられたのは、窮地をクリアしてきた自信メンタルの強さでしょう。

どうしてもルックスやキャラクターが際立ってしまいがちな深尾 巴恵選手ですが、強さの真髄はそこにあるのだと思います。

今回、こうして深尾 巴恵選手について調べなおしたことで、勝利者インタビューで魅せるパフォーマンスや独特な言葉の選び方、そして破天荒なキャラクターの裏には『自分を応援し続けてくれるファンを想う気持ち』が隠されているように感じました。

これだけの選手生命における逆転劇を成すほどの選手だからこそ、表ではエンターテイナーを演じつつ、裏ではまじめな努力家なのだと思います。

この感じは、なんとなく“艇界きっての爆笑王”西山 貴浩選手を彷彿とさせますね。


きっと近い未来に『遅咲きの大輪の花』を咲かせてくれることに期待しつつ、これからの活躍が楽しみな深尾 巴恵選手のさらなるご活躍を願って、応援し続けたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次