小野 生奈選手が途中帰郷!2022年のレディースオールスター以来2年ぶりの0走帰郷と斡旋削除の理由を徹底調査!!

2024年5月14日、トップレベルの人気と実力を誇る女子レーサー・小野 生奈選手(福岡・103期)が、出走予定だった「にっぽん未来プロジェクト競走in福岡」を“0走”で途中帰郷したことが明らかになりました。

福岡支部の103期レーサー・小野 生奈選手(4530)が、2024年5月14日に福岡競艇場で開幕した「一般・にっぽん未来プロジェクト競走in福岡」初日に家事都合のため、0走で途中帰郷となったことが明らかになりました。

5月14日現在、ボートレースオフィシャルサイトの選手ページに小野 生奈選手の出場予定はなく、すべての斡旋を削除したものと推測できます。

2008年11月8日に芦屋競艇場で103期としてデビューした小野 生奈選手。
2022年2月に桐生競艇場で開催された「第6回 レディースオールスター」以来、2年ぶりの“0走”帰郷と斡旋削除
当時も帰郷と斡旋削除の理由について様々な憶測が取り沙汰されましたが、結果として“産休を取得”していたことが後に明らかとなりました。

それでは、今回の“0走”帰郷と斡旋削除にはどのような理由があるのでしょうか?

小野 生奈選手について紹介するとともに、2年前にあったレディースオールスターでの同様事案の詳細・SNSの反応まで、いろいろな要素から途中帰郷と全斡旋削除の理由を考察しています。

目次

考えられる突然の“0走”帰郷と斡旋削除の理由は?

今回の“0走”帰郷について、開催場のボートレース福岡では次のように発表しています。

小野 生奈選手の出走を予定していた第7レースの締め切り予定時時刻は15時21分。
その3時間前の発表とあり、急な負傷・病気を含めた私傷病、負傷箇所の悪化などを心配するところですが、発表された途中帰郷の事由は「家事都合」でした。

家事都合=家庭内の事情による欠場(身内に何かが起きたため)」と判断されがちですが、そう簡単にいかない“便利な造語”がこの「家事都合」なのです。

例えば、その代表例をいくつかご紹介します。

山崎 智也選手の「SG・ボートレースオールスター」欠場も家事都合でしたが、その後“引退”を表明。

ほかにも魚谷 香織選手の「PG1・レディースチャンピオン」最終日帰郷と、夫の青木 幸太郎選手が翌日に家事都合で帰郷した理由というのが“親族の不幸”であったと発表しています。

さらに最近では、人気女子レーサーの倉持 莉々選手が「PG1・ヤングダービー」を欠場した理由も家事都合で、その後に同じボートレーサーの金子 拓矢選手との“結婚と妊娠”による長期欠場を公表しています。

「家事都合」がこのように多岐にわたる理由で使われている昨今。
今回話題となっている「小野 生奈選手の家事都合による途中帰郷」の理由というのは、ご本人からの発表、もしくは誰かからのポロリ発言を待つしかないようです。

しかし、どうしても気になってしまうのが人の性。
100%当たるという確証はありませんが、ここからは様々な観点からこの「家事都合」について考えていきたいと思います。

選手が節の途中で競艇場から帰るのに、即日帰郷以外に「即刻帰郷」と「途中帰郷」があります。
即刻帰郷は、同じ日のうちに2回出走予定があっても、1レース目が終わり次第すぐに帰らなければならない厳しい命令で、極めて悪質な違反や、フライングに気付かずにレースを続けてしまった場合に下される処分です。
一方の途中帰郷は、選手自身の都合で帰郷するときに使われる用語で、病気などのほか、級別審査対象期間の締めとなる4月と10月の下旬には、次期の昇級や降級回避が確定した時点で帰郷する選手もいるとされます。

小野 生奈選手は結婚している?

小野 生奈選手の家事都合による途中帰郷の理由を考えるうえで、念頭に置いておかねばならない情報があります。
それが“配偶者の有無”でしょう。
理由が「妊娠・出産」であれ「親族のご不幸」であれ、必ずかかわってくる存在が配偶者であり、前述の2つの可能性においては、後者であれば配偶者がいる場合には、夫婦ともに途中帰郷となるからです。

そのことを心に留めながら、小野 生奈選手の途中帰郷の理由を考えていきたいと思います。

結論から言うと、小野 生奈選手は具体的な結婚時期は公にされていませんが、2021年の秋~冬頃に同じ競艇選手で同期の北山 康介選手と結婚しています

結婚時期については、長崎支部の原田 幸哉選手(3779・76期)が2022年1月に「せいなとこうちゃんの結婚パーティーをする」と、まさかのうっかりツイートで拡散してしまったことから、小野 生奈選手と北山 康介選手のお誕生日の時期である秋から冬にかけて入籍をしたものと推測できます。

そして2022年10月に第一子の男の子を出産していたことが、2022年10月28日の「日高 逸子選手」のブログで明らかになりました。

北山 康介選手ってどんな選手?

名前
(フリガナ)
北山 康介
(キタヤマ コウスケ)
登録番号4535
生年月日1989年11月23日
身長164cm
体重56㎏
血液型AB型
支部東京
出身地神奈川県
登録期103期
級別A1級

北山 康介選手は1989年生まれ、東京支部所属のA1級レーサーです。

2008年11月15日にデビューすると、翌日にデビュー2走目で初勝利をあげました。
初優勝までは8年かかりましたが、それまでの間、2012年1月にはG1初出場・初勝利を飾っています。
またデビューから13年7か月にして通算500勝を達成しました。

思い切りのいいスタートを武器に、江戸川競艇場や福岡競艇場のような難水面を得意とする「荒れ水面巧者」です。

  • 【蒲郡】勝ガマ専属記者『磯部誠』、北山康介の熱愛を大スクープ!?【勝ガマ】
出典:ボートレース蒲郡公式YouTubeチャンネル

ケース1:家族や身内に何かが起きた場合

「家事都合」の一番多い理由が“家族や身内に何かが起きた”ということです。
例えば、親族のご不幸などは突然起こるもので、事前に公表する事案ではありません

しかし、夫である北山 康介選手については、2024年5月14日現在の出場予定はないものの、2日前まで芦屋競艇場で開催された「一般・山口シネマ杯」に出場していましたし、今後の出場予定も確認できる状態です。

そのため、親族のご不幸などであれば小野 生奈選手が途中帰郷する理由になるものの、全ての斡旋を削除する理由とまでは考えられません

出典:BOAT RACE公式サイト
出典:BOAT RACE公式サイト
出典:BOAT RACE公式サイト

ケース2:妊娠・出産を控えている場合

多くのファンの予想として一番ささやかれているのが「妊娠と産休・育休」でしょう。
その理由として、小野 生奈選手には前にも同じような状況があったことが起因します。

しかも状況は今回の内容とほぼ合致しており、妊娠と産休・育休の可能性が明らかに高いと言わざるを得ません。

過去にも“0走”帰郷と斡旋削除をしていた

2021年の「G2・レディースオールスター」を見事に制覇した小野 生奈選手。
しかし、大事な連覇がかかった2022年のレディースオールスターで謎の“0走”途中帰郷となります。

次に記す内容が今回の“0走”帰郷と斡旋削除と酷似しているのです。

  • 前検には参加
  • 初日のドリーム戦に参戦する予定が突然の帰郷
  • 公式で発表されたのは「選手責任外の欠場」と「家事都合による途中帰郷」
  • ボートレース公式サイトの選手ページに表示されていた出場予定レースも全て削除
  • このことに対して、本人からのコメントは一切なく、正式な理由を発表しているメディアもない状況

ここまで合致しているのも驚きですが、前回の“0走”帰郷と斡旋削除の理由は後に判明しています。

それが、2022年10月28日の「日高 逸子選手」のブログで明らかになった、2022年10月に第一子の男の子を出産していたこと。
つまり、“0走”帰郷と斡旋削除の理由は妊娠と産休・育休であったということです。

ここまで一致していては、この可能性を否定するのは難しいでしょう。

小野生奈選手も無事 男の子を出産

産まれて まだ10日くらいなので

復帰は こちらも来年になりそう…

ご協力のお願い | 「私は あきらめない」 モーターボートレーサー日高逸子 (ameblo.jp)

1年1か月ぶりの復帰戦は白星発進!

そして、小野 生奈選手が1年1か月ぶりに実戦復帰を果たしたのが、2023年3月24日。
2023年3月24日~27日に若松競艇場で開催された一般戦「ニッカン・コム杯」初日の第4レースでした。
このレースで小野 生奈選手は3号艇・4コースからの出走で、豪快なまくりを決めて1着を獲得
復帰戦を白星で飾るとともに、このレースの3連単345は71番人気で、22,700円(22.7倍)という結果を納めています。

【若松ボート】小野生奈 若松で1年1か月ぶりに復帰

[ 2023年3月24日 04:50 ]

 人気女子レーサーの小野生奈(34=福岡)は22年2月のレディースオールスター欠場から産休に入っていたが、若松で約1年1カ月ぶりに復帰する。「(22年レディースオールスターは)ドリームにも選んでいただいていたのに、裏切る形になってしまいました。休んだことで、いい意味で初心に返れました。応援してもらえるのは当たり前ではないし、ファンに支えられていることを実感しました。復帰して恩返しがしたいです」と涙ながらに話した。手にした40号機は出足系に威力の実績機。前節優勝戦での転覆で、ギアケースが交換されているが「スタートは届いていたし悪くなさそうでした」と心配はなさそう。初日の出番は4、8R。さあ、小野の復活劇が始まる。

【若松ボート】小野生奈 若松で1年1カ月ぶりに復帰― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

直前のトークショーの服装をチェック

ここまで述べてきたとおり、小野 生奈選手の“0走”途中帰郷と全斡旋削除の理由は、“産休・育休を取得したことによる長期欠場”の可能性が高いと考えられます。

しかしご本人からの発表がない以上、何らかの証拠や確証がほしいところ。
そのため、女性目線で直近の小野 生奈選手の様子から「妊娠」と関連づくものはないか考えてみました。

そこで気づいたのが、トークショーでの服装の違和感です。
2019年6月16日のトークショーでは一緒に出席された羽野 直也選手と同じ半袖姿ですが、今年の4月21日のトークショーでは司会者の方が半袖を着用しているにも関わらず、ゆったりとした長袖カーディガンを着用しているんです。

さらに直近、5月10日のトークショーでも赤い長袖ブラウスにスニーカーという恰好。
小野 生奈選手がトークショーに出演する際はスニーカーが多めではありますが、服装に注目すると“体を冷やさないように気遣っている”ように見えませんか?

空調設備や温度差、個人の気温の感じ方まで考えれば、些細なことかも知れませんが、個人的に気になったので、ご紹介しました。

途中帰郷の前日にトークショーの告知

2024年5月15日現在、ボートレース芦屋の公式サイトには小野 生奈選手のトークショーの告知が掲載されています

大方の予想どおり、「妊娠と出産」での帰郷・斡旋削除であれば、おなかが目立たないうちなら、ひどいつわりなどでない限りは出演も可能でしょうが…どうなるのでしょう?

そもそも予定通りに開催されるかに注目が集まるところですが、トークショー目当てで集まるファンの中には今回の一件について気になる人も多いはず。
もしかしたら、オーディエンスから質問が出る可能性もあります。

今回の突然の帰郷や斡旋削除について、小野 生奈選手の口から理由を直接語られることはあるのでしょうか?

SNSの反応は?

小野 生奈選手の「突然の“0走”帰郷」を受けて、SNSにはどのような声があがったのでしょうか?
その一部を抜粋してご紹介します。

2022年に前例があるだけに、“妊娠・産休・育休”というワードが取り沙汰されるかと思いましたが、そのようなことはありませんでした。

ほとんどがファンからの「残念」という声で、理由を知りたいという心の声が印象的でした。

小野 生奈選手の基本情報

名前
(フリガナ)
小野 生奈
(オノ セイナ)
登録番号4530
生年月日1988年10月2日
身長155cm
体重45㎏
血液型B型
支部福岡
出身地福岡県
登録期103期
級別A1級

小野 生奈選手は1988年生まれ、福岡支部所属のA1級レーサーです。

2017年には女子王座決定戦優勝し、翌2018年には賞金女王の座に輝いて、そして2021年2月には「第5回 レディースオールスター」を制して、女子ボートレース界の頂点にまで登りつめたほどの実力者です。

ハツラツとした笑顔が素敵な小野生奈選手は、レースに強いだけにとどまらず、ファンからの人気がとても高い選手でもあります。
その人気は、毎年ファン投票で選出された上位52人が出場できる「レディースオールスター」で、2018年と2019年に得票数で3位に入るほどでした。

またファンに対するサービス精神も旺盛で、愛嬌もあることから、数多くのトークショーに出演している選手でもあります。

2018年4月には常滑競艇場の「G2・モーターボート大賞」の開会式で同じ福岡支部所属で“艇界のエンターテイナー”こと西山 貴浩選手とともに“常滑市の猫キャラクター・トコタン”風のコスプレ姿で登場。
夫婦漫才風の話芸を披露して、会場を大いに盛り上げたエピソードの持ち主でもあります。

西山 貴浩選手といえば、福岡支部の競艇選手を中心に結成している「ポンコツ会」の主要メンバー。
2021年・2022年・2023年と3年連続得票数2位で「ボートレースオールスター」に出場しており、2024年の第51回大会では得票数4位(16,430票)でドリーム戦の出走権を獲得。
今回で6年連続8回目の出場を決めています。

  • 【とこなめGⅡモータボート大賞】西山貴浩&小野生奈 開会式にトコタンレディのコスプレで登場
出典:東スポレースチャンネル
  • BoatBeatPress 小野生奈選手 インタビュー「ここが私の生きる場所 母としてレーサー第二章へ」
出典:ボートレース福岡
  • 小野生奈選手がボートレーサーを目指したキッカケは父の○○だった【ボートレース】【小野生奈】【コンバット満】【駒田京伽】
出典:BTSみやきチャンネル
  • サンテレビ「ボートの時間!」 # 303 「小野生奈 おうちの時間!」2022年1月16日放送
出典:【公式】ボートの時間!

小野 生奈選手の過去戦績

スクロールできます
日付レース名レース場グレード戦績・概要
2008年11月8日ヤング・シニア・レディース三つ巴戦芦屋一般デビュー
2010年5月6日スポーツ報知杯争奪ゴールデンウィーク特選芦屋一般初勝利
2011年11月30日男女ダブル優勝戦 第6回 森下仁丹杯争奪住之江一般初優出
2013年12月26日男女W優勝シリーズ 2013ファイナルカップ蒲郡一般初優勝
2014年2月6日G1 第60回 九州地区選手権芦屋G1G1初出走
2014年2月10日G1 第60回 九州地区選手権芦屋G1G1初勝利
2014年5月27日SG 第41回 ボートレースオールスター(笹川賞)福岡SGSG初出走
2014年8月11日第28回 レディースチャンピオン(女子王座決定戦)三国G1G1初優出
2015年5月27日SG 第42回 ボートレースオールスター(笹川賞)大村SGSG初勝利
2017年8月6日第31回 レディースチャンピオン芦屋G1G1初優勝
2019年5月14日ヴィーナスシリーズ第2戦 第9回 クラリスカップ児島一般通算500勝達成

2008年11月、芦屋競艇場の一般戦で103期としてデビュー
長く勝てない時期が続きましたが、2010年5月に初勝利を飾ると、2013年12月には蒲郡競艇場の一般戦で初優勝を達成しました。

翌2014年2月にはG1初出場にして初勝利、同年5月には福岡競艇場で開催された「SG・第41回 ボートレースオールスター(笹川賞)」に初出場するなど、目立つ活躍をするようになります。

さらに2015年5月には大村競艇場で開催された「第42回 ボートレースオールスター(笹川賞)」でSG初勝利を手にすると、2017年8月に「第31回 レディースチャンピオン」で待望のG1初優勝をつかみ取って、名実ともにトップレーサーの仲間入りを果たしました。

そして2019年5月14日、児島競艇場で開催された「一般・ヴィーナスシリーズ第2戦 第9回 クラリスカップ」で、デビューから10年6か月にして通算500勝を成し遂げています。

ボートレーサーを志したきっかけ

小野 生奈選手がボートレーサーを目指したきっかけは「父親にボートレース場へ連れて行ってもらったこと」でした。

最初は「ギャンブル=男の世界」という先入観を持っていた小野 生奈選手でしたが、実際のレースを観戦したことから、ギャンブルではなく、スポーツの要素が強いことを感じたそうです。

そして印象が変わってから見たボートレースの世界に対して『カッコいい、私も活躍したい!』と思うようになったといいます。

そして、当時の小野 生奈選手の目をくぎ付けにし、人生を変えるほどの女子選手が現れます。
その選手こそが、のちに福岡支部の大先輩となるグレートマザー」こと日高 逸子選手でした。

男子レーサー相手に力強い走りを魅せ、圧倒する姿に感銘を受けたことで、『自分も男子相手に勝てたら気持ちいいだろうなぁ』と思ったことで、ボートレーサーとしての道を歩み始めることを決意しました。

日高 逸子選手ってどんな選手?

名前
(フリガナ)
日高 逸子
(ヒダカ イツコ)
登録番号3188
生年月日1961年10月7日
身長154cm
体重45㎏
血液型A型
支部福岡
出身地宮崎県
登録期56期
級別A1級

日高 逸子選手は1961年生まれ、福岡支部所属のA1級レーサーです。

現役女子ボートレーサーとして最年長であり、2022年時点で公営競技女子最高齢勝利の記録保持者というレジェンドレーサーです。
2014年12月26日から住之江競艇場で開催された「第3回 クイーンズクライマックス」を制したことで、この年の獲得賞金は4,096万円となり、全選手の中では40位、女子選手の中では1位となりました。

また、2015年7月9日には女子としては山川 美由紀選手に次いで史上2人目となる通算2,000勝を達成しています。

  • サンテレビ「ボートの時間!」 # 276 「日高逸子 おうちの時間!」2021年7月11日放送
出典:【公式】ボートの時間!
  • グレートマザー 日高逸子が金字塔! 公営競技女子最高齢 61歳0ヵ月26日で勝利!│BOATCAST NEWS 2022年11月2日│
出典:ボートレース公式 BOATRACE official

妹は元ボートレーサーの小野 真歩さん

名前
(フリガナ)
小野 真歩
(オノ マホ)
登録番号4770
生年月日1992年8月23日
身長155cm
体重55㎏
血液型B型
支部福岡
出身地福岡県
登録期112期
級別B2級
デビュー日2016年5月17日
最終出走日2020年12月27日
引退日2021年1月4日

小野 真歩さんは1992年生まれ、福岡支部所属のB2級レーサーでした。

約4年7か月間の選手生活での出場節数は94期、出走数は776走で、優出・優勝はともに0回、通算15勝という成績を収めています。

2013年5月17日に戸田競艇場で開催された「一般・MBP嘉麻オープン1周年記念」でデビュー(6着)を飾りましたが、なかなか思うような結果を残すことができませんでした。

そして迎えた、2014年3月23日。
児島競艇場で開催された「一般・ていちゃんカップ男女W優勝戦」3日目の第2レース。
当時まだB1級だった渡邉 優美選手も出走したレースで、見事なまくり差しを決め、107走目にして悲願の初勝利を手にしました。
この時の3連単536は108番人気で、102,990円(1029.9倍)の特大万舟券に貢献したものの、その後も大きな着が続いたうえ、長期欠場の期間もあり、残念ながら引退という道を選択しています。

現役生活最後のレースは、2020年12月27日に丸亀競艇場で開催された「一般・清酒金陵杯争奪男女W優勝戦」最終日の第8レースでした。

同期には、山崎 郡選手(4760)・藤原 啓史朗選手(4762)・石丸 海渡選手(4772)・山田 祐也選手(4757)・今泉 友吾選手(4759)がいます。

  • 【ボートレース・競艇】去年10月以来の1着はイン逃げ3万舟!小野真歩
出典:KAZUのボートレース 24時間勝負がけch

同期(103期)の注目選手

小野 生奈選手の同期である「103期」にはどのような選手がいるのでしょうか。
主だった選手を以下にまとめました。

スクロールできます
登録番号名前支部級別
4516野口  勝弘愛知A1
4524深谷  知博静岡A1
4528黒井  達矢静岡A1
4537渡邉  和将岡山A1
4522古澤  光紀福岡A1
4519清水  沙樹東京A1
  • 野口 勝弘選手(4516)/1986年12月3日生まれ/愛知/A1
  • 深谷 知博選手(4524)/1988年4月1日生まれ/静岡/A1
  • 黒井 達矢選手(4528)/1988年8月8日生まれ/埼玉/A1
  • 渡邉 和将選手(4537)/1990年2月12日生まれ/岡山/A1
  • 古澤 光紀選手(4522)/1987年10月28日生まれ/福岡/A1
  • 清水 沙樹選手(4519)/1987年2月21日生まれ/東京/A1

小野 生奈選手の獲得賞金

A1級の第一線で活躍している小野 生奈選手。

SG戦線での活躍をはじめ、輝かしいタイトルを獲得しているのですから、もちろん獲得賞金も高額なことが想像できると思います。

 年度 級別 賞金女王ランキング 獲得賞金
2023年B254位18,770,000円
2022年A1→B10円(産休)
2021年A17位39,128,266円
2020年A14位46,596,233円
2019年A112位30,335,000円
2018年A11位41,907,532円
2017年A12位44,223,000円

A1級ボートレーサーの平均年収は約3,000万円といわれているなか、獲得賞金が平均を大きく上回ることから、小野 生奈選手は常に賞金女王ランキングの上位にいることがわかります。

とくに2017年は「第31回 レディースチャンピオン」の優勝でG1タイトルを獲得しているため、最も多い獲得金額となりました。

さらに直近5年間の平均年収について見てみたいと思います。
ここ5年は産休を取得していたこともあり、賞金女王ランキングのトップ10圏外となっていることもありますが、平均年収は約2,322万円

さらに直近7年間の平均年収を計算したところ、約3,683万円となりました。
ひと月に換算すると月収306万円越えですから、もはやトップレーサーって本当にすごい世界です。

近年は獲得賞金額が2,000万円を超えない年もありましたが、2023年の産休明けを底として獲得賞金額が安定して4,000万円近いことから、小野 生奈選手の成績が常に良い状態にあったことがわかります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次