競輪で荒れるレースの見分け方とは?バンクで決まる特徴を紹介!

無知なネコ

車券当たったけど全然稼げなかった!

競輪ボーイ

堅いレースで当てても、少額しか賭けてないなら稼げないぜ?

無知なネコ

やっぱり100円じゃ夢は見れないのかー。

競輪ボーイ

しょうがないなー。今回は少額しか張らないネコでも稼げる方法を教えてやるよ。

競輪で高額配当を手に入れる方法を知っていますか?1番簡単な方法は「荒れるレース」で的中させることです。

一筋縄ではいかない方法だと思われていますが、ある法則が存在するのも事実。今回は誰もが憧れる、競輪の「荒れる」について紹介しようと思います。

  • 荒れるってなに?
  • 荒れそうなレースを知りたい。
  • 高額配当を的中させたい。

このように思っている人は、ぜひ最後まで読んで頂きたいと思います。

また、荒れるレース以外も的中させたい人に向けて「競輪予想のコツ」を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

競輪予想のコツを確認する

目次

競輪の「荒れる」とは?

競輪に限らず、公営競技では「荒れる」という言葉が良く使われています。知らなくても問題のない言葉ではありますが、一般的に使われる用語なので覚えておくべきでしょう。

「荒れる」の意味

そもそも。荒れるという意味は何でしょうか?

  • 穏やかな、または整った状態が失われて乱れる。
  • 勝負、会議、相場に波乱が起こる。
  • いたみ、そこなわれて、だめになる。

という意味がありますが、競輪での荒れるとは2つ目の意味が適用されますね。

勝負で波乱が起こるという意味。

人気ない選手が勝ち、高いオッズで決着が付いたことを「荒れる」という言葉で表しているのです。

競輪史上最も荒れたレース

競輪で最も荒れたレースをご存じでしょうか?

2006年9月21日の奈良競輪10Rが、最も荒れたレースとして有名です。3連単オッズは4760.7倍。15年以上この記録は破られていないのです。

競輪の最高オッズ=4760.7倍

荒れるレースは大勝ちのチャンス!

荒れるレースとは、必然的にオッズが高く付いたレースを呼びます。すなわち、そのレースを的中することができれば、大勝ちするチャンス!

買い方で言うと、「穴狙い」という呼び方もしますね。

荒れたレースを的中=大勝のチャンス

穴狙いを積極的に行い人は下記の記事で狙い方を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

競輪で荒れやすいレースの条件①「開催」

では。荒れるレースを的中させることは可能なのでしょうか?もちろん公営競技なので、100%はありえません。しかし、荒れやすいレースの条件は存在します。

ここからはその条件をご紹介させて頂きますので、参考になれば幸いです。

レースの開催日に気を付けろ!

競輪は初日~最終日まで。数日間に渡って開催されますが、荒れやすい開催日もあります

初日堅くなりやすい
2日目荒れやすい

初日は堅くなりやすい。2日目は荒れやすいというのが、競輪ファンの中では有名な話です。これには根拠があり、初日の番組を見ると実力者がわかりやすいレースが多いため堅くなりやすい。

2日目は実力が拮抗する選手達でのレースが多くなるので、荒れやすいという理由があります。

グレードレースは実力が拮抗する

上記で2日目以降は選手の実力が拮抗しやすいという説明をしましたが、グレードレースは実力者揃いな開催となります。そのため、初日から荒れる可能性があるので高額配当の狙い目と言えるでしょう。

しかし、複雑なレース展開が多いので、予想難易度は高くなってしまうのも事実です。

ミッドナイト競輪はラインが崩れやすい

ミッドナイト・モーニング競輪は、A級選手しか開催されません
※2022年から一部会場でミッドナイトS級開催あり

デビューしたばかりの若手選手などは、どれだけ強い選手でもA級戦で結果を残さないとS級へ昇格できない仕組みがあります。そういった若手選手が出走するレースでは、ライン崩れが起きやすいのも事実。ライン崩れで決着が付いた場合は荒れることが多いので、狙ってみるのは十分にありでしょう。

ガールズケイリンは番狂わせに期待

ガールズケイリンはラインを組まないので、完全に個人戦です。そのため、実力差がハッキリと出やすい傾向があります。

しかし、強い選手でも毎回調子が良いわけではありません。不調時は勝てないことあるので、そういうレースは荒れますね

競輪で荒れやすいレースの条件②「ライン」

ラインを組んでいる様子

競輪は選手同士がラインを組んでレースに臨みます。簡単に言うと、チームを組むということですね。ラインを見極められるようになれば、荒れやすいレースを予測することも可能になります。

細かいラインの並びには注意!

ライン(チーム)が多いほど、レース中の駆け引きが多くなりやすいです。そうなると、誰が勝ってもおかしくない状況が多くなるので、荒れるレースになりやすいと言えるでしょう。

違うラインの選手で決着

「スジ違い」などの言い方もしますが、違うラインの選手達が入着した場合は荒れることが多いです。特に、4つラインが存在するレースは、比較的「スジ違い」が起きやすいと言えるでしょう。

競輪を知れば知るほど賭けにくい買い目になりますが、勇気を持って勝負すると良いことがあるかもしれません…。

異なるラインの選手が入着=荒れやすい

ラインの3番手選手が1着

競輪の性質上、ラインの3番手を走る選手は勝ちにくいです。

しかし、展開次第ではありますが、稀に1着に飛び込んでくることも。そのような場合は荒れた結果が多いので、度外視できない存在なのです。

競輪で荒れるレースの条件③「天候」

雨天時のレース画像

競輪は基本的に屋外で行われるため、天候の影響を大きく受けます

風が強い日や雨が降っている時はイレギュラーが起きやすいため、選手もいつも通りのレースができない場面が多くなるのです。そういった場合、実力者が勝てず荒れることが多くなります

風の影響で荒れる

競輪では、風によって結果が大きく変わる可能性が高いです。

特に自力選手は風次第で、スピードに乗ることも減速してしまうことも。風がある日は、自力ある実力者が思うように伸びないことがあるので、荒れる可能性があると言えますね。

雨の影響で荒れる

雨天時は、バンクが非常に滑りやすい上に視界が悪いです。落車が多くなったり、実力者が思うように仕掛けられず荒れやすくなりますね

雨でも荒れるレースを的中させたい人は下記の記事も参考にしてください。

競輪で荒れるレースの条件④「落車」

競輪は「落車」が多い競技です。

落車とは自転車から選手が落ちてしまう現象です。人気ある実力者が落車してしまうと、必然的に勝つことができないので荒れることが多いと言えるでしょう。

また、雨が降っている日や、重要なレースでは落車が起きやすい傾向があります。特に人気ある選手が落車してしまうと、荒れる可能性が非常に高いです。そういったレースでは、人気ある選手を外して予想すると良いかもしれません

落車が起きそうなレース=荒れやすい

大勝ちを狙う方法はコレだ!

荒れるレースについて解説してきましたが、「考えすぎて分からなくなった!」という人がいるかもしれません。そのような人に向けて簡単な狙い方をご説明しますので、穴狙い初心者の方はまずここから初めて見てはいかがでしょう?

競輪予想のやり方から知りたい人は、下記の記事をまずご覧ください。

本命ラインの崩れを狙う

人気が集まっているラインを、本命ラインと呼びます。本命ラインの選手が誰も入着できないということは、まずありえません。

しかし、人気があるラインほど、崩れた時は高配当のチャンスです

  • 番手選手が追走できない。
  • 自力選手が入着できない。

このような事は多々ありますので、狙ってみてはいかがでしょうか?

人気選手を車券から外す

明らかに強い人気選手でも、毎回1着を取るわけではありません。他選手の妨害や不調で入着できないレースも当然あります。確率は低いですが、思い切って人気選手を外して買い目を考えるのもありでしょう。

まず荒れます。

実力が拮抗したレースを狙う

出走者の実力が拮抗したレースは、荒れる可能性が高いと言えるでしょう。展開が読みづらい上に、誰が勝つのかわからないので人気にバラつきが出ます。

1点の金額を抑えて、幅広く車券を買うのがオススメです。

選手の実力差が少ない=荒れやすい

468車券(ヨーロッパ)を狙う

競輪ファンなら誰しも知っている「ヨーロッパ」。競争得点の下位3名が、4番・6番・8番に固まっているレースを探してみるのも良いでしょう。

競争得点下位=入着確率が低い

裏を返せば4・6・8の選手が入着すると、荒れる可能性が高いのです

\ 荒れるレースを仕留めるには予想サイト! /

競輪の荒れたレースを紹介!

上記で解説した荒れやすい特徴を、動画で確認してみましょう。

人気選手が落車したレース

人気選手を車券から外すことで、荒れるレースを取ることが可能になるのです。

468で荒れたレース

稀なレースではありますが、468車券を狙うことで荒れるレースを的中させることが可能です。

ガールズケイリンで荒れたレース

バンクが荒れやすい競輪場10選

最後に、荒れやすい競輪場をご紹介させて頂きます。競輪場によってバンクの特徴が違うので、荒れやすい特徴を持つ競輪場も存在するのです。

荒れるレースを狙っている人は必見ですよ。

いわき平競輪場

どんな選手でも勝機がある400mバンクのいわき平競輪場。ちょっとした天候・展開で、大きく結果が変わってしまうのが特徴です。

様々な観点から予想を立てる必要があるため、知る人ぞ知る荒れバンクですね。

宇都宮競輪場

500mバンクで直線が長いため、追い込み有利な宇都宮競輪場。古参の競輪ファンは、迷わず追い込みが得意な選手を軸にしていました。

しかし、2009年の改修工事で直線が短くなり、先行選手の勝率が上昇。ただでさえ荒れやすい500mバンクだった上に、先行選手も勝てるとなればお手上げです…。

選手人気にバラつきが出る上に、誰でも勝てる可能性があるという荒れ必須のバンクとなっています。

大宮競輪場

競輪ファンなら誰しも知っている、荒れバンク大宮競輪場

基本的に500mバンクは直線が長いため、追い込み選手が有利です。最後方からの仕掛けでも間に合ってしまうので、展開が読みにくいバンクとなっています。

京王閣競輪場

カントが緩めの京王閣競輪場は捲りや追い込みが決まりにくい傾向がありますが、先行も風の影響次第で苦戦を強いられることも。つまり、どの選手が勝つか見極めが難しいバンクです。

そのため、オッズにバラつきが出やすく荒れやすいと言えるでしょう。

立川競輪場

400mバンクの中でも荒れやすいで有名な立川競輪場。直線が長いため、ラストスパート時の展開が二転三転することも…。

実力が拮抗したレースであればあるほど、誰が勝つのか分からなくなり人気が分散。つまり、荒れやすいバンクというわけです。

小田原競輪場

小田原競輪場の画像
出典:https://www.kanaloco.jp/news/government/article-763357.html

「すりばちバンク」と言われるほどカントがキツイ上に、333mバンクの小田原競輪場圧倒的に先行有利の一言です。

残り2周から自力選手の激しい主導権争いが繰り広げられるため、展開が読みにくいですね。

岐阜競輪場

日によって風向きが変わる厄介な岐阜競輪場は400mバンク。

特に自力選手は常に考えながら走らなければいけないので、他のバンクよりも負担が大きいと言えます。その影響で、実力者が不発に終わってしまうことがあるため、荒れやすいバンクです。

富山競輪場

富山競輪場は333mバンクのため、先行有利…。と言いたいところなのですが、333mバンクの中では直線が長いです。

中団からの一発も十分に可能なので、予期せぬ選手が1着ということも。そういった展開になると、荒れることが多いですね

四日市競輪場

海の近くに位置する400mバンクの四日市競輪場

海風の影響を大きく受けるので、時期によって自力選手の入着率が違います。1着選手を予想するのが難しいため、荒れるバンクと言えるでしょう。

小松島競輪場

海に面した場所にある小松島競輪場は、風の影響を強く受けやすいので予想が困難になります。さらに、元々500mバンクだった影響でカントが緩いため捲り・追い込みが決まりにくいという傾向があります。

風がある日は誰が勝ってもおかしくないレースが多いので、荒れやすいバンクになるのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次